OH MY GIRL BANHANA日本デビュー曲「バナナが食べれないサル」のMV公開

OH MY GIRLメンバー全員が参加した初の派生ユニットOH MY GIRL BANHANAの日本デビューミニアルバムのタイトル曲とされている「バナナを食べれないサル」のミュージックビデオが公開され、ファンを中心に盛り上がりを見せています。来月8月29日に日本デビューを控えており、前日の28日にはデビューショーケースライブの開催も控えており、ミュージックビデオの公開で迫るくる日本デビューに向けてようやく本格始動を開始しています。

バナナが食べれないサル

デビューミニアルバムの「バナナが食べれないサル」はOH MY GIRLの派生ユニットとしてヒョジョン、ビニ、アリンの3人が組んだグループ初のユニットOH MY GIRL BANHANAのポップアップアルバム「BANANA ALLERGY MONKEY」のタイトル曲として今年4月にリリースされた楽曲の日本語版となっており、日本デビューに際してメンバー全員がユニットに参加する形態にチェンジして日本デビューを飾る予定となっています。独特のコンセプトとキュートなアニマル要素を詰め込んだことで韓国でも話題を集めていました。バナナアレルギーがあってバナナが食べられない猿が、バナナ牛乳を知って幸せになるストーリーを描いた歌詞が独特のユーモアを誘っており、グループの持つ清純さとバラエティー要素をバランス良く表現し好感を得ました。韓国でのユニット活動終了時には「初めてのユニットなのに、ファンの方々にたくさん愛していただいて大きな力になりました! ステージごとに楽しんだだけに、胸がすっきりすることもあります! 一生懸命に準備しただけに、寂しくもあります。いろんな気持ちが交差しますね。OH MY GIRLの初挑戦であるユニットOH MY GIRL BANHANAを愛してくれてありがとうございました! OH MY GIRL BANHANAが皆さんの中に幸せな思い出として残って欲しいです」と伝えており、舞台を日本に変え新たなチャレンジに挑む運びとなりました。公開されたミュージックビデオでは、韓国語版ではキャンプガールルックが印象的なビジュアルから、清純でカラフルなビジュアルへとチェンジし日本のニーズに合わせた構成となっており、耳にはサルの耳をモチーフにしたカチューシャを身に付けたビジュアルがタイトル名と歌詞とリンクしており、一層の関心を引き寄せています。また、日本の女子学生とサビで登場し、メンバーと学生のサルがお尻を搔く「おしりかきダンス」を踊る描写もあり、一回り大きくなったスケールを感じさせます。

Twitterより

日本デビューShow Case Live

リリース前日にはショーケースライブの開催を控えており、全3回の公演の中で、各回異なるメンバーがMCを担当することが決定しており、さらにはグループの代表曲の日本語バージョンを1曲ずつ初披露する事も決定しており、披露する楽曲は「Official Fanclub MIRACLE JAPAN」での投票によって決定されることになっており、ショーケースで日本のファンに近づく献身的な姿勢を見せファンを獲得していくものと見られています。

SNSなどを通してプロモーション活動にも積極的な姿勢を見せているOH MY GIRL BANHANAが日本でブームを巻き起こすのかに注目が集まっています。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す