カムバックを果たしたMAMAMOO、独自のMAMAMOOスタイルを貫く姿勢を強調

今月7月16日に7thミニアルバム「RED MOON」発売記念ショーケースを開催しカムバックを果たしたMAMAMOOが激戦の夏チャートに挑みます。カムバックに関して所属事務所であるRBWは「MAMAMOOが7月16日、ミニアルバムでカムバックする。『4Season 4Color Project』の一環としてMAMAMOOの熱い夏を盛り込んだ。夏を熱く盛り上げるMAMAMOOの活躍を期待してほしい」と公表しており期待を高めていました。完全体でのカムバックは今年3月にリリースした6thミニアルバム「Yellow Flower」以来の約4ヶ月ぶりとなり実力派が織り成すサマーソングがついにベールを脱ぎ大きな関心を集めています。

MAMAMOOさん(@mamamoo_official)がシェアした投稿 -

" target="_blank">Instagramより

Rainy Season

7thミニアルバム「Red Moon」のリリースに先立ち先行公開曲「Rainy Season」を今月1日にリリースし、主要音楽サイトのランキングで1位を獲得し、新アルバムへの期待を高めていました。先行公開曲がMelOnで1位を獲得する記録はガールズグループ史上初の快挙となっており、ミディアムテンポのナンバーで、雨の時に陥るセンチメンタルな気分をメンバーの特筆すべき歌唱力が引き立ており、切ない楽曲に仕上がっています。先行楽曲のヒットを受けて、ファンは16日のカムバックに大きな期待を寄せており、所属事務所は「MAMAMOOはデビュー曲『Mr.Ambiguous』をはじめとして『Um Oh Ah Yeh』『Yes I Am』など毎年、夏に発表する曲ごとに良い成績をおさめた。今回のアルバムで歌謡界のサマークイーンの座を占めることを期待する」と好奇心を刺激していました。

MAMAMOOさん(@mamamoo_official)がシェアした投稿 -

" target="_blank">Instagramより

7thミニアルバム「RED MOON」

7thミニアルバム「RED MOON」のタイトル曲「あなたがやって」は魅惑的な雰囲気漂うレゲエナンバーに仕上がっており、自分勝手な恋愛をする恋人に対して女性らしい釘を刺す歌詞が印象的で「言うことは無いわ Go away、説明がもっと必要よ。私も勝手にするわ」や「もう私も私のこれからに気を使うわ、あなたがいないからってダメになる私じゃないから」の歌詞がそれを象徴しています。ラテン系のビジュアルも注目ポイントで、MAMAMOOがみせる妖艶な雰囲気にガールクラッシュがマッチしたサマーソングに仕上がっており、夏のハツラツとした爽やかなな魅力をコンセプトとする他グループとの差別化を成功させています。アルバム収録曲にはタイトル曲、先行公開楽曲の他に「夏の夜の夢」「ハヌルハヌル」「眠ったほうがよい」「SELFISH」の計6曲で構成されています。

自身のスタイルを貫く

16日のリリースを記念し開催されたショーケースライブにてタイトル曲に関して「夏にカムバックするときは、涼しい雰囲気の曲を思い浮かべます。しかし、私たちは以熱治熱といった感じで、強烈な曲を準備しました。それが差別化だと思いました」と分析しており、近年稀に見る激戦のサマーチャートに関して「この夏、カムバックするグループが多いです。競争したり、誰か一人を決めるよりは、音楽をやっている皆で様々なものを披露できたらと思います。ライバル意識を持って音楽をやっているわけではありません。私たちのスタイルをしっかり見せようという思いで、音楽をやっています」と自身のスタイルを追求した姿勢を明らかにし、ある種、元祖ガールクラッシュとしての余裕を見せました。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す