DREAMCATCHER日本デビュー決定!

韓国7人組ガールズグループDREAMCATCHERが日本でのワールドツアー公演がキャンセルになりましたが、先日無事に東京での公演を行い、年内中の正式な日本デビューを予定していることを明らかにし話題を集めています。2018年は近年稀に見る韓国ガールズグループの日本デビューラッシュとなっており、この波にDREAMCATCHERも乗っていくと見られています。

中止となった日本公演が無事開催

DREAMCATHERは、2014年9月にデビューしたMINXという5人組が改名とメンバー追加により2017年1月に再デビューしたグループとなっています。デビュー時「長期間心血を傾けた結果、新人ガールズグループを公開することになった。全く予想できなかったジャンルと音楽的なスタイルで音楽界に新しい活力を与える」と事務所は発表し、デビューシングルタイトル曲「Chase Me」にて悪夢コンセプトを掲げ独自のコンセプトを発揮しているグループです。昨年には2ndシングル「悪夢‐Fall asleep in the mirror」の活動と、日本プロモーションも成功させ、今年5月には、ミニアルバム「悪夢-Escape the ERA」で活動しタイトル曲「YOU AND I」で美しいオーケストラの旋律と雄大で豊かなサウンドが中心にったメタルロックジャンルとして大きな注目を集めました。同アルバムにて「WELCOME TO THE DREAM WORLD」と題したワールドツアーの日本公演を5月27日からスタートさせる予定でしたがビザの取得の関係で中止となってしまっていました。今回は2ndワールドツアーとして来日し、人気楽曲を含めたステージで日本のファンを魅了しました。日本デビューに関しては「今後日本で正式デビューをし、楽しく交流できるように努力します」と言及し期待を高めています。日本公演を終え、8月にチリとペルー、コロンビア、パナマなどでコンサートツアーを継続し世界中のファンとの交流に尽力する予定です。

Twitterより

メンバー達の好みと交遊録

DREAMCATCHERは最近、マガジン「bnt」のグラビア撮影での自身のインタビューにて、楽曲だけではない、強固なロックメンタルを明らかにしており話題を集めています。男性アイドルからのアプローチに関して質問される場面では、メンバーは、「今は恋愛より仕事が優先」としロックスタイルを貫く姿勢を見せました。理想のタイプ、男性との交友関係について問われると、メンバーのシヨンは、言葉が通じない異性には好感を持たない、対話ができる男性がいい」自身の理想を明らかにし、ユヒョンは、俳優キム・ボムを例にあげながら「私は顔が長く、シャープな雰囲気の男性に好意を感じるようだ」とビジュアルの趣向を明かしました。ダミは「放送活動をしていて、親しくなりたい芸能人の方がいると先に近づいて連絡先を聞く」とし、「そうやって親しくなった友達が多いが、その中でも特に親しいのは97年生まれの女子アイドル会だ」と明かし、親しい芸能人の友人にはGFRIENDのユジュやOH MY GIRLのビニ、MOMOLANDのジェイン、UNI.Tのイェビンなど幅広い豪華な交友関係を明らかにし話題を集めています.

Bingo Music World Festival in Ho Chi Minh

DREAMCATHERは韓国とベトナム合わせて7組のアーティストが出演した「Bingo Music World Festival in Ho Chi Minh」にも出演しており1万人の観客を魅了しました。韓国だけでなくアジアで広がりを見せる韓流を現地ベトナムにも届けた形となり、積極的な海外スケジュールを消化しています。

ガールズグループ界でも独自のコンセプトで人気を集めているDREAMCATHERが日本でどのような活動を今後展開していくかに注目です。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す