PRODUCE48に出演中のチェ・イェナの兄は男女共学の元メンバー!

先日7月13日に韓国にて放送された番組『PRODUCE48』では、サバイバルプログラムに参加している日韓の練習生たちが韓国の視聴者たちの投票によって58人までに絞られる第一回目の順位発表式が行われました。

9位を獲得したチェ・イェナ

この日行われた順位発表式では57位の練習生から順番に順位が発表されていき、前回までのグループバトル評価で勝ったチームだけもらうことができるベネフィット1000票がどのように順位に影響を与えているのかが注目される中、9位という高順位を獲得したチェ・イェナです。

チェ・イェナは番組が始まった当初から、愛嬌のある可愛らしいキャラクターで人気を集めていましたが、グループバトル評価で『PRODUCE101』シーズン1で誕生したI.O.Iの曲『Very Very Very(너무너무너무)』を披露し、可愛さだけでなく高い歌唱力とパフォーマンス力が評価され、PRODUCE48のテーマ曲でセンターをつとめ注目を集めている宮脇咲良率いるアベンジャーズチームを見事に破り1000票を得たチェ・イェナです。

チェ・イェナが自身の兄について語る

この日の第一回目の順位発表式でチェ・イェナは、「9位という高い順位をいただくことができるとは想像していなかった。これからも一生懸命努力して、国民プロデューサー様のハッピーウイルスになっていきます。」と9位という高順位を獲得することができたことに対し、投票してくださった国民プロデューサーに感謝の気持ちを伝えています。

Instagramより

さらにチェ・イェナのコメントは続き、「両親とお兄さんにとても会いたい。実は私のお兄さんは歌手活動をしていたが良くない事態が起こってしまい、私の両親は私が芸能界の道に進むことをすごく反対しました。もう二度と両親を苦しませないようにしてあげたい。」と両親への気持ちと共に、チェ・イェナ自身の兄が以前歌手活動をしていたということを明かしました。

グループ『男女共学』で活動していたチェ・イェナの兄

コメント時に自身の兄が歌手として活動していたことを明かしたチェ・イェナですが、チェ・イェナの兄であるチェ・ソンミンは以前男性6人女性4人の男女混合グループとして注目を集めていた『男女共学』というグループのメンバーだということがわかっています。
グループ男女共学は2010年にシングル『Too Late』でデビューしましたが、デビュー後に相次いだメンバーたちのさまざまな事件が重なり、グループとしての活動は長く続かず現在は活動をしていない状態となっています。

男女共学の中でマンネ(最年少)メンバーとして活動を行っていたチェ・イェナの兄のチェ・ソンミンですが、活動を続けることができなくなってしまった男女共学を脱退し現在は俳優としての活動を行っているそうで、チェ・ソンミンは妹が自分と同じ道を歩んでオーディション番組で頑張っている姿をみて、自身のSNSを通じて「みなさんイェナしてください。」とチェ・イェナを応援している様子を見せました。

愛嬌たっぷりで可愛いチェ・イェナ

チェ・イェナはAKBプロデューサーである秋元康の前で、コーラのフタをあけて注ぐ真似をするというなんとも可愛らしい一発芸を披露したり、PRODUCE48番組内ではいつもニコニコしながら他の練習生たちと一緒にふざけあっている姿がとても可愛いと大人気を集めています。
番組最初のレベル分けのときもA評価を獲得、グループバトル評価時も見事なパフォーマンスを披露したチェ・イェナの実力の高さと、愛嬌たっぷりの可愛さにはこれからもっと注目が集まりそうです!

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す