I.O.I出身キム・チョンハ、半年ぶりのカムバックも順調のプロモーション活動

キム・チョンハは「PRODUCE101」を通してIOIのメンバーとして活動した経歴を持つ実力はアーティストです。特にダンススキルが圧倒的でIOIではリードダンサーとして人気を獲得していました。ソロとしては昨年に当時のIOI出身メンバーとしては初となるソロデビューを飾りました。今回は3rdミニアルバム「Blooming Blue」で今月7月18日にカムバックを控えており、順次プロモーション活動を通じてカムバックへの関心を高めています。

Twitterより

ソロとしての力量

ソロとして昨年1stミニアルバム「HANDS ON ME」を発売し、タイトル曲「Why Don't You Know」で大きな反響を得ました。雰囲気のあるギターサウンドと夏らしいサウンドが組み合わさった曲に仕上がっており、蒸し暑さも忘れるほどクールな曲とパフォーマンスを前面に出し、そうそうたるライバルたちとの競争の中でも優れた女性パワーセクシーな魅力を漂わせる大胆なダンスから、自由奔放なガールクラッシュのダンスまで自然に踊りこな好感を得ました。「私は全ての領域で自信があるとは言えない。でもダンスだけは自信がある。歌手を準備する前からダンスをしてきた。でもただ難しいテクニックだけでステージを飾りたくはない。そのためタイトル曲の振り付けは簡単な動きで作ろうとした。見やすく、軽い感じで。アルバムのイントロ曲を通じてパフォーマンスに集中したい」とソロデビュー当時語っており、加えて自身のロールモデルがイ・ヒョリであることも明かしています。今年に入り2ndミニアルバム「Offset」のタイトル曲「Roller Coaster」で再びカムバックを果たし、自身初となるファンミーティングも開催し、2曲すべてリアルタイム音楽チャート1位を獲得するほどの盛況ぶりを見せ関心を集めていました。また、ソロとしてキャリアを順調に重ねてきた印象の彼女は楽曲だけでなく、グラビア撮影などもこなし多様なコンテンツをそつなくこなす才能も持ち合わせています。

自身の感性を織り込んだ新アルバム

3rdミニアルバム「Blooming Blue」はタイトル曲「Love U」の振り付けの創作に参加したことが明らかになっており、さらにはアルバム全体に彼女の意見が積極的に反映されていることも公表されており話題を集めています。公開されたコンセプトフォトには彼女がもつ欠点のないビジュアルに神秘性が加わっいるビジュアルや果汁美が印象的なハツラツとしたキュートなビジュアルを誇示し、相反するコンセプトを公開しています。ミュージックビデオ予告映像では、夏のリゾートを快適に過ごす映像が映し出されており、夏らしさを全開に感じられる印象です。ハイライトメロディーも公開されており、夏らしいサウンドが印象的な楽曲で構成されていることがわかる内容となっています。日本公式twitterのアカウントも開設されており、日本のファンも熱い応援をお願いしています。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す