本日放送「ショー音楽中心」、3強登場でタイトル獲得はどうなる?

本日放送の「ショー音楽中心」の放送はガールズグループの熾烈なタイトル争いが予想されます。今週10日に音楽番組初タイトル獲得から勢いに乗るAPINK、1stミニアルバム「SQUARE UP」のタイトル曲「DDU-DU DDU-DU」で初夏のK-POPチャート世界レベルで牽引し、サブタイトル曲で活動延長が決まって以来の初ステージとなるBLACKPINK、スペシャルアルバムを引っさげカムバックしたTWICEの3組をはじめとする豪華なラインナップとなっています。

今週4冠目なるか?APINK

すでに音楽番組3冠を達成しているAPINKは先日のミュージックバンクに続く2日連続のタイトルを狙います。デビューから清純派コンセプトで人気を獲得してきた彼女たちは今回の活動で大幅なイメージチェンジに挑戦し見事成功を収めています。成熟した従来のAPINKでは見ることができなかったビジュアルに加え、幻想的ながらもリズミカルなタイトル曲「1つもない」は、圧巻のパフォーマンスに仕上がっています。キュートな恋愛模様から別れの冷酷に冷め切った女性心を表現したタイトル曲を含む新アルバムはチャート圏でも非常に好調の兆しを見せており、GAONチャートアルバムチャートにてBALCKPINKを大きく突き放しており、その点がタイトル獲得にどういった影響をもたらすのかに注目が集まっています。先日の「ミュージックバンク」でのBLACKPINKとの1位対決がこの日も繰り広げられる予想です。そんなAPINKは「V LIVE X Dispatch」にてビハインド映像を公開しており、APINKらしいキュートで清純な魅力を発揮しており、タイトル曲とは一味違ったAPINKを見ることができます。

サブタイトル曲で4週連続1位を狙うBLACKPINK

新アルバムタイトル曲「DDU-DU DDU-DU」が地上波音楽番組では「人気歌謡」での3週連続1位のトリプルクラウン達成を含む9冠を達成し、音源では韓国チャートだけでなく、世界44の国と地域のiTunesアルバムチャートで1位を獲得、アメリカビルボードでも、アルバム、タイトル曲ともに、ビルボードのメインチャートである「ビルボード200」で40位、「HOT100」で55位にランクインし韓国ガールズグループ史上最も高い記録を達成さらには、ミュージックビデオでは、再生数1000万回から1億5000万回まで全てで歴代ガールズグループの最短記録を更新し2億回再生も時間の問題となっているBLACKPINKはこの日の放送よりサブタイトル曲「Foever Young」での活動を本格化させます。GAONデジタルチャートではサブタイトル曲も現在5位にランクインしており、ミュージックビデオの再生数ではAPINKをリードしているだけに、両者はほぼ互角でタイトル争いの激化が予想されます。4人のボーカルスキルが際立つ内容に仕上がっており、「DDU-DU DDU-DU」とはまた違った魅力で、タイトル曲同様、音楽番組タイトルを席巻できるかに注目が集まっています。

夏チャートの主役筆頭格TWICE

地上波タイトル争いに食い込むのは来週と見られているTWICEも番組でのステージを通じて今後の音楽番組席巻へ礎を築くと予想されます。ニューアルバム「Summer Nights」のタイトル曲「Dance The Night Away」はハードでパワフルなダンスが魅力で、APINK、BLACKPINKとは差別化に成功しており、韓国の7つのリアルタイム音源チャートで1位を獲得しており、今後の活躍に関心が集まっています。

その他、gugudanからの派生ユニットのSEMINA、MOMOLANDなど期待の次世代グループの登場にも関心が集まっています。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す