Nine Muses ギョンリのインタビューが話題に。「ロールモデルはBoA先輩です」①

Nine Musesとしてデビューしてから7年。自身初のソロ活動真っ最中のギョンリが素をさらけ出したインタビューが話題を集めています。セクシーアイコンとしての葛藤や、練習生時代のことなど、興味深いものが多かったので、ここにまとめてみたいと思います。


Twitterより

Q. ソロ歌手として活動して1週間が過ぎました。ソロアーティストになったことに実感は沸いていますか?

A. 本当にソロ歌手としてデビューしたんだなぁという気持ちです。今回の活動が楽しいのは、私と一緒にステージに立ってくれているダンサーチームのおかげです。その方たちが皆さん本当に面白いんです。素敵なパフォーマンスで私の曲に良い雰囲気を与えてくださっています。

Q. 直接自分でステージを観たかと思いますが、印象はどうでしたか?

A. 一日一日歌手として私の姿が変わってきている印象です。最初はどことなく固い姿が歴然で緊張ていましたが、経験を重ねたらステージが好きになってきているようです。もちろんステージ自体に満足をすることはできないでしょう。それでも良く観てくださる方が多くて、次には必ずもっと良い舞台を作ることができるという気がして、次のソロアルバムに対する構想も浮かんでいます。

Q. 自身の歌唱力に対して満足していますか?

A. うーん…歌の雰囲気に合うように、良く表現したと思います。実際、「昨日の夜」は振付も激しい方でライブも一緒に消化しなければならないんですよ。すごく大変です。ステージ上で死ぬんじゃないかと思う程です(笑) このままではステージ上で間違えてしまうのではないかと考え、緊張してしまったんです。 幸いステージで間違えたことはまだないですが。グループで活動をしてメンバーとステージを準備している時とは違い一人で全てやらなくてはいけなかったため、歌詞を覚えることさえ簡単ではありませんでした。振付なしで歌の練習する時はずっと歌詞を間違ってします、本当にたくさん練習をしました。

Q. Nine Muses完全体でのカムバック活動も準備していると聞きました。

A. 今もメンバーと一緒に曲の録音を続けて行っています。曲収集もしています。おそらくカムバックアルバムはミニアルバムで発売されると思います。発売時期は9月〜10月程度とお考えください。


Twitterより

Q. ギョンリさんはどのような歌手になりたかったのですか?

A. 私はただ全ての人に愛される歌手になりたかったです。今このように歌手として活動していますが、それなりに私を好きでいてくださるようで幸せです。

Q. ロールモデルの歌手がいるようですが

A. 小学校4年生の時にBoA先輩のデビューステージを観て歌手の夢を育てました。あの時は漠然とBoA先輩のようになりたかったんです。学生時代の自慢をするとすれば、舞台に出てBoA先輩のダンスをしたことです。インターネットで映像も捜してダンスの練習をして、学生時代はそうやって過ごしました。元々社交的な性格ではありませんでしたが歌手の夢をつかんでデビューできた時、私の性格がとても変わったんです。

Q. ギョンリさんだけが持っているセクシーなイメージがありますが。 直接セクシーな魅力を積極的にアピールしたと見ても良いのでしょうか?

A. うーん…私がステージで見せているイメージが爽やかで溌刺なイメージとは距離が遠いことは確かだと思います。最初は私がセクシーなイメージと認識されるのは不思議だったんです。私が自ら'私はセクシーである'というアピールをしなかったので。それにも関わらずそのように見てくださったので、'私にもそんな魅力があるのか'と考えるようになって、これがきっかけでより良いシナジーを受けたと思います。

ーーーーー次回、第2弾へ続きます。

The following two tabs change content below.

HAPPY

フリーライター / 広告代理店企画営業職を経て、フリーライターへ。 日本と韓国を頻繁に行き来しています。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す