BLACKPINKが '視聴回数の妖精' と呼ばれる理由

ガールズグループBLACKPINKの人気が止まることを知りません。BLACKPINKの名前を検索すると一緒に出てくるのは'最初、最高、最短'といった言葉たち。次々と新たな記録を産み出しているBLACKPINKは、ミュージックビデオの再生回数だけでなく、振付映像、Vライブのびっくり放送まで高いアクセス数を記録してBLACKPINKの底力を立証しています。

発売から一カ月が経過しても人気を継続

BLACKPINKは6月15日に発売したファーストミニアルバム「SQUARE UP」でロングランを記録しています。タイトル曲「DDU-DU DDU-DU」と 「Forever Young」が揃って上位にランクイン。各種チャートで1位を独占した後、発売から一ヶ月が経過しようとしている今現在も変わらず最上位圏内を維持しています。


Twitterより

ミュージックビデオのアクセス数は最短記録更新

これに伴ってミュージックビデオのアクセス数も爆発しました。「DDU-DU DDU-DU」のミュージックビデオは公開から21日7時間で1億5000万ビューを達成。これは韓国アーティストの男性・女性を合わせて最短記録を塗り替えたことになります。

公開6時間で1000万ビュー、13時間で2000万ビュー、23時間で3000万ビュー、27時間で4000万ビュー、50時間で5000万ビュー、82時間で6000万ビュー、120時間で7000万ビュー、161時間で8000万ビュー、199時間で9000万ビューを記録してK- POPガールズグループの最短記録を更新しました。

これと一緒にBLACKPINKは、24時間で一番多くのアクセス数を記録した全世界の歴代ミュージックビデオ2位に上がる快挙を達成。アメリカ経済専門誌のフォーブスなど海外の媒体はBLACKPINKの驚くべき成果を集中的に報道しました。

人気なのはミュージックビデオだけじゃない!

何より驚くのは、BLACKPINKは振付映像やVライブの映像などもグローバルファンから熱い関心を受けて驚くべきアクセス数を記録しているという点です。BLACKPINKの「DDU-DU DDU-DU」の振付映像は7月11日午後YouTube基準5000万ビュー突破が目前の状態です。

また、「Forever Young」の振付映像も1800万ビュー突破が近い状況で、多くの愛を受けていることが分かるかと思います。

ミュージックビデオではなく振付映像が約6800万ビューを達成したということは極めて異例といえます。BLACKPINKの物物しいパワーを感じさせますよね。

奇襲放送でもアクセス殺到

また、BLACKPINKのメンバー別個人フォーカス映像、びっくりVライブ放送も公開後どんどんアクセス数が上昇しています。最近BLACKPINKはデビュー700日を記念して奇襲Vライブを敢行。この映像は高いアクセス数を記録してVライブランキングの最上位権を占めました。

'視聴回数の妖精'は音楽番組でも9冠王

BLACKPINKは'視聴回数の妖精'という修飾語がぴったり当てはまっています。彼女たちはそれだけでなく音楽番組でも9冠王に上がり、最上ガールズグループの地位を強固に固めました。「人気歌謡」と「ショー! 音楽中心」では3週連続で1位を獲得するという人気をみせました。

カムバック後からずっと、途方もない人気を誇示してきているBLACKPINK。ビルボードメインチャートでK- POPガールズグループの最高成績を記録するなど、快挙を成し遂げた彼女たちですが、新譜は今後どのようなロングランを続けていくのか期待が集まっています。

The following two tabs change content below.

笠見 りり

フリーライター / 広告代理店企画営業職を経て、フリーライターへ。 日本と韓国を頻繁に行き来しています。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す