「契約が違う!」中国版プロデュース101のデビュー延期の理由は宇宙少女のミギとソニ?

放送当初から大きな話題を集めていた中国版「プロデュース101」。韓国のサバイバル番組「プロデュース101」と全く同じスタイルで進行する同番組により国民プロデューサーから選ばれてデビューメンバー“ロケット少女”の11名に選ばれた“宇宙少女”のミギとソニ。しかし、ミギとソニの活動問題により“ロケット少女”のデビューに赤信号が灯りかけている状態とのニュースが報道されました。

突然ショーケースの中止を発表

当初7月11日にデビューショーケースを進行しようとしていた“ロケット少女”は、7月9日に夜遅く突然ショーケース取り消しの決定を伝えました。これは、メンバーのサポートを担当していたファン連合が主催者側から取り消しの決定の連絡があり、公示するようになったとのこと。多数の中国の芸能メディアは“ロケット少女”のデビュー延期は“宇宙少女”に所属しているミギとソニの活動契約問題と関連している、と予想しています。

番組開始前の契約と異なる状況に困惑

中国版「プロデュース101」を製作したテンセント側は、“宇宙少女”の所属事務所であるSTAR SHIPエンターテイメントとYUE HUAエンターテイメントと契約した当時、ミギとソニが最終段階でデビューメンバーに選ばれても“宇宙少女”の活動を並行することができるように契約していました。しかし、番組が終了しミギとソニが1位・2位に選ばれデビューメンバーに入るとすぐに契約とは違い、テンセント側は“ロケット少女”の活動期間である2年間は“宇宙少女”の活動と並行することができないと公示して多くの議論を生み出しました。

SNSのアカウント名を勝手に変更

それだけでなく、ミギとソニのweibo(中国版Twitter)のアカウントニックネームを'ロケット少女 ミギ'/'ロケット少女 ソニ'に無断で変更し、更に大きな議論が巻き起こりました。

これに対し7月3日STAR SHIPエンターテイメントとYUE HUAエンターテイメントは、公式の報道資料を通じて当初テンセント側と並行活動を行うことを前提に契約したことをはっきりと明らかにして、weiboのアカウントニックネームの修正を要請しました。

中国でも大きな人気を得た「プロデュース101」

中国版「プロデュース101」は約48億ビューという記録を叩き出し、爆発的な人気の中で放映を終了しました。これに合わせ、1位・2位に選ばれたミギとソニの人気も日に日に増している状況だと言います。

契約当初の内容が明確になっているだけに、契約当時には並行活動に同意していた中国放送局側が、二人が大きな人気を得て放映を終了するとすぐに態度と言葉を変えたことに対して非難する世論が降りそそいでいます。

ミギとソニに関する絶えない噂

ミギとソニが既に“ロケット少女”の宿舎を脱走した、などという噂まで広まるなど、絶えず'デビュー不透明説'が出ている状況です。“ロケット少女”の公式weiboは"夢を叶える道に苦難が広がっていても、11人が一緒なら逆境に勝って出発することができる"という言葉とともに、“ロケット少女”の振付演習写真を掲載し、デビューが待ち遠しいファンからの支持を引き出しています。

また、本日入ってきたニュースによるとミギの過去の喫煙写真が問題になっているそうです。16歳の時に中国で撮られたものとのことですが、未成年者の喫煙に厳しい韓国ネチズンたちは否定的な反応です。(当然と言えば当然ですが…)

“宇宙少女”は韓国でも人気があるグループだけに、今回の騒動はまだまだ続いていくのではないかと考えられます。ミギとソニにとって、そしてミギとソニのファンにとって一番良い結果となることを望みます。

The following two tabs change content below.

笠見 りり

フリーライター / 広告代理店企画営業職を経て、フリーライターへ。 日本と韓国を頻繁に行き来しています。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す