“鼓膜彼氏”ユ・スンウのプライベートが垣間見える映像が公開

歌手ユ・スンウが率直な日常を入れたドキュメンタリー映像を公開し、話題を集めています。

プライベート映像公開

ユ・スンウの所属事務所STARSHIPエンターテイメントは7月10日午後公式のSNSチャンネルに「97.226 Film」という映像を掲載しました。この短いドキュメンタリー形式の映像はユ・スンウの日常の様子が描かれています。

ユ・スンウは自分の仕事部屋で音楽作業に没頭する姿を公開しました。また、家を片付けたり自然に道を歩くなど普段の放送で見ることができなかった日常的なユ・スンウの姿も一緒に収められています。 映像の中には先月漢江で開催されたユ・スンウの路上ライブも一緒に収められました。ユ・スンウは美しい漢江を舞台にアコースティックサウンドで自分だけの音楽を披露して観客と呼吸しました。その甘美な声と魅力的な演奏は漢江の夏夜を美しく彩ったのです。

路上ライブへの想い

ユ・スンウは路上ライブが終わった後に開かれた食事の席でワインといっしょに虚心坦懐な心を打ち明けました。ユ・スンウは漢江の路上ライブが容易ではなかったことを明らかにして、“漢江では小さな規模会場の公演とは違って、関心がない人も一緒にいました。”と言いながら、“誰も僕のことを知らないと思ったので、僕は自分に集中して僕らしいステージができました。歌手と少し自慢したいです。”と率直な心情を伝えました。続いて“実は路上ライブはそれでも歌手のポジションにいるので、僕が何かをすれば応えてくれるという考えがありました。少しぎこちなかったとも言えます。”と明かしました。


Twitterより

音楽に対する悩み・葛藤

しかしユ・スンウは'歌手ユ・スンウ'に対する悩みと考えが込められた姿で音楽に対する落ち着きを仄めかしました。

ユ・スンウは“どうしても、「석봉아」で出た時が一番人気があった時だと思います。僕は今まで暮らしてきてこのような注目を浴びたことはありませんでした。しかし今になってみると人気はそんなに多くもありませんでしたが、過去の栄光にすがっていては前に進めないので、過去に浸ってばかりはいられないと思っています。”と言いながら過去の人気に対する心情を明かしました。


Twitterより

そうして“やってみたいことが多いです。そのために音楽がたくさん変わりました。この前発表した新曲「예뻐서」で最近の僕の歌を聴いてくれた人々は今までの曲との違いを大きく感じていると思います。これよりも僕の話をすることができるようになり、僕が願う方向に進んでいっています。”とますます確固になる自分だけの音楽の世界観を明らかにしました。ユ・スンウは“曲のジャンルが多様なのも良いですが、結果的に追っていたいものが自分だったら良いと思います。人は思ったことを言って使って生きていくので、僕も音楽が上手になるために更に良く生きていくように努力します。”と言いながら音楽と‘歌手ユ・スンウ’の間での真率な心情を伝えました。

“鼓膜彼氏”のこれからの歩み

このように成熟になった姿で帰ってきたユ・スンウは、最近新しいシングル「천천히」を発表しました。「천천히」はユ・スンウが直接作詞、作曲、編曲まで全てを引き受けてシンガーソングライターとしての力量を発揮。ユ・スンウの柔らかい声がヒーリング曲を完成させました。

ユ・スンウは音楽界で女心を溶かす甘美な声と癒しの歌詞で‘鼓膜彼氏’として注目されてきました。ドラマのOSTやコラボレーションなど多方面で活動して、アーティストとしての才能を現わしています。2017年に発表した4枚目のミニアルバム「ROMANCE」を通じてシンガーソングライターとして優れた力量を誇りました。当時タイトル曲「더」を除いた全ての収録曲を作詞、作曲したユ・スンウは多彩な曲でアルバムを満たして自分だけの音楽色を表現したと高評価を得たのです。

新曲「천천히」発表以降活発な活動を持続しているユ・スンウ。彼がこれから作り出す音楽が楽しみです。

The following two tabs change content below.

HAPPY

フリーライター / 広告代理店企画営業職を経て、フリーライターへ。 日本と韓国を頻繁に行き来しています。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す