'魔の7年'を乗り越えたBTOB。完全体での再契約が貴重な理由

7月10日に舞い込んできたニュースにより、7人組ボーイズグループBTOBのメンバーの義理堅い姿が話題を集めています。BTOBのメンバー全員が所属事務所と再契約を締結しました。

BTOBは永遠に

7月10日BTOBの所属事務所であるCUBEエンターテイメントは、“最近BTOBはメンバーの一人も漏れることなくCUBEエンターテイメントと再契約を結んだ。”と明かしました。メンバー全員がBTOBとして永遠に一緒に活動することを希望し、ファンとの約束も守るためにこのような決定を下したということです。


Twitterより

2012年にCUBEエンターテイメント所属のボーイズグループとして最初のシングル「秘密」を発売して歌謡界に正式デビューしたBTOB。彼らは2019年3月に契約満了を控えていた状況です。契約満了まで8ヶ月程時間が残っていましたが、早い段階で契約期間を延長したという点は、BTOBというチームとメンバー、所属事務所に対するメンバーの深い愛情と信頼が確認できるところです。

事務所が惜しまない支援を約束

CUBEエンターテイメント側は、“信頼と信義を土台にBTOBと協議を交わしてきたが、CUBEエンターテイメントは今後もグループ活動及び個人活動に多くの助けと支援を惜しまない計画だ。CUBEエンターテイメントと共にさらに突き進んでいくBTOBの今後の歩みに大いなる関心と愛をお願いする。”と明らかにした。


Twitterより

'魔の7年'を回避

これによりBTOBはアイドルグループの間で囁かれている'魔の7年'や'7年ジンクス'といったチーム活動の危機から逃れたことになります。アイドルグループは、公正取引委員会が定めている標準契約書によって、所属事務所と7年間の専属契約を締結するのが一般的です。そのため契約満了時点が近付くと再契約の締結、または所属事務所の移籍、チーム脱退など別々の道を進むことになる場合も少なくはありません。2NE1や4minuteなど、第一線で活躍していたアイドルたちがこのジンクスにより解散というかたちになりました。


Twitterより

予想できた再契約

リーダーのウングァンは2016年11月の9枚目のミニアルバム「NEW MEN」の発売当時、BTOBの今後の目標について、“'魔の7年'ですが、そんなものは全部ぶち壊して、ずっとずっと成長していきたいです。僕たちがそれを望んだ時、僕たちはその呪縛から目覚めることができるようです。”と気持ちを明かしていました。先月18日に発売した11枚目のミニアルバム「THIS IS US」の後のインタビューでも、“今は上がるという言葉よりも遠くという言葉が相応しいように感じます。さらに遠くに行きたいです。音楽的に多くの挑戦をして新しい姿をお見せしたいです。”と、BTOBとしての長期的な目標を明らかにしてファンの期待を集めていました。


Twitterより

音源チャート常連となったBTOB

デビューから6年の間休む暇なくグループ活動と個人活動を続けてきたBTOBは、いつのまにかCUBEエンターテイメントの長男グループとして心強い柱の役割をこなすまでに成長しました。毎アルバム作詞と作曲、編曲の作業に直接参加。濃くて多才な音楽的感性で勝負を挑むBTOBは、新曲を出すとすぐに大衆が探して聴く'信じて聴く歌手'に成長しました。これを証明するようにBTOBに最初の1位を抱かせた「大丈夫だよ」を皮切りに、「Way Back Home」、「Remember that」、「I'll be your man」、「MOVIE」、「Missing You」、新アルバム「THIS IS US」のタイトル曲「Only one for me」まで立て続けに音源チャート1位を席巻しました。

音楽ファンにとって、粘り強い成長を続けながら良質の音楽を聴かせてくれるBTOBの再契約締結のニュースは大変嬉しいプレゼントに違いありません。決して容易ではない決定を通じて心強いチームの活動基盤を用意したBTOB。彼らが繰り広げるこれからの歩みに期待が集まっています。

The following two tabs change content below.

笠見 りり

フリーライター / 広告代理店企画営業職を経て、フリーライターへ。 日本と韓国を頻繁に行き来しています。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す