音源、地上波、動画メディア、幅広いコンテンツで長期的な爆発的人気の継続BLACKPINK

BLACKPINKの勢いはとどまるところを知りません。1stミニアルバム「SQUARE UP」は、リリース開始から爆発的ヒットを飛ばし、音源ではチャート1位を独占、地上波音楽番組ではタイトルを総なめ、動画メディアの再生数はガールズグループ史上最高の記録を達成、まさに初夏の主役に踊り出ています。

10冠へ

BLACKPINKの1stミニアルバム「SQUARE UP」のタイトル曲「DDU-DU DDU-DU」は、「人気歌謡」にてまたしても1位を獲得し、ついに9冠を達成し、10冠への大台に大手をかけました。同番組では、3週連続のタイトルを獲得となり、他の追随を許さない形で独走態勢に入っています。今回の活動は初のミニアルバムとして約一年ぶりの活動となっており、リリース前から多くの注目を集めています。先月23日の「音楽中心」を皮切りに、「M countdown」、「人気歌謡」など主要音楽番組にて長期に渡り1位を継続的に獲得しています。強烈なビートとサウンドとリンクした独特なリズムで刻むラップ、圧倒的クールなビジュアルに4人の息合ったステージジングは、まさに数多存在するガールズグループ内でも唯一無二の個性を発揮しています。今後、どこまでロングランを続けるかに注目が集まっており、「人気歌謡」での3週連続1位のトリプルクラウン達成に関してメンバーは公式インスタグラムにて、「皆さんありがとうございます。正直、皆さんの愛情と応援にどう感謝すればいいか分かりません。永遠に愛しています」と継続的な応援に感謝を示しています。

BLΛƆKPIИKさん(@blackpinkofficial)がシェアした投稿 -

音源でも圧倒的?

地上波だけでなく、音源でも圧倒的支持を集めています。韓国の8つの音源チャートである、MelOn、Mnet、Genie、SORIBADA、Bugs、Olleh MUSIC、NAVER MUSIC、Monkey 3で1位にランクインし、現在も上位圏をキープしており人気の高さを証明しています。人気は韓国だけでは収まらず、ミニアルバムは世界44の国と地域のiTunesアルバムチャートで1位を獲得し、日本でもiTunes、LINE MUSIC、Apple Musicなどの主要音楽配信サービスで1位を獲得、さらには、日本ツアーにファッションイベントへの出演と活躍の舞台を着実に広げています。GAONチャートでは、アルバム総合チャートで1位、タイトル曲「DDU-DU DDU-DU」はデジタル総合、ダウンロード総合、ストリーミング総合チャートで1位を占め、4冠を達成し、同チャートの今年発表のデジタル総合チャートでは最も高い支持を集めています。アメリカビルボードでも、アルバム、タイトル曲ともに人気で、ビルボードのメインチャートである「ビルボード200」で40位、「HOT100」で55位にランクインし韓国ガールズグループ史上最も高い記録を達成しています。

BLΛƆKPIИKさん(@blackpinkofficial)がシェアした投稿 -

" target="_blank">Instagramより

驚異の再生数

タイトル曲「DDU-DU DDU-DU」のミュージックビデオ再生数も爆発的人気を得ており、韓国ガールズグループ史上最短で再生数1億5千万回を記録しており、ボーイズグループと合わせても最短での記録更新となっています。驚異的なのは1億5千万回再生への道のりで、再生回数1万回から1億回に至るまでガールズグループの歴代最短記録を塗り替えています。今回の1億回再生達成により、リリースした6曲すべてのMVが再生回数1億回を記録しています。

ロングランに大きな壁?

現在のチャートを間違いなく牽引しているBLACKPINKですが、7月のこのままロングランを続けるのでしょうか?BLACKPINKと同時期に人気を博した第2世代のグループのカムバックが迫ってきています。TWICEは9日、GFRIENDは19日にカムバックを予定しており、音源、地上波共に大きな混戦が予想されています。7月中盤チャートにBLACKPINKの勢いがどういうベクトルを向けるのかに注目です。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す