24日目1位、音楽番組9冠、、、BLACKPINKの勢いが止まらない

ガールズグループBLACKPINKの好成績は相変わらず現在進行形の状態です。24日目のチャート1位を走行中のBLACKPINKが国内外の人気を土台に音楽放送でも引き続き好成績を得るのか注目が集まっています。

自己最高のヒット「DDU-DU DDU-DU」

6月15日に発表されたBLACKPINKのファーストミニアルバム「SQUARE UP」のタイトル曲「DDU-DU DDU-DU」は7月8日基準、24日目の音源チャート1位を走行中。これはとても有名な音源強者たちの続くカムバックにも1位の席を堅固に守っている状態です。また「SQUARE UP」と「DDU-DU DDU-DU」は6月5週のGAONチャートでもアルバム総合、デジタル総合、ダウンロード総合、ストリーミング総合、モバイルチャートで1位を達成して5冠王に上がりました。


Instagramより

「火遊び」、「口笛」、「AS IF IT'S YOUR LAST」、「BOOMBAYAH」など、発表する楽曲ごとにチャートの最上位権成績を記録したBLACKPINKは、約1年間の空白期を壊して出した新曲「DDU-DU DDU-DU」で自己最高記録を打ち立てて好戦中です。

BLACKPINKは韓国国内はもちろん海外での人気も相当なものです。彼女たちはビルボードのメインチャートである《Billboard 200》&《Hot 100》にそれぞれ40位、55位にランクインする記録を打ち立てました。また、先週にもアメリカビルボードの《Emerging Artists》2位と《World Albums》の5位を始めとして‘YouTube Song’、‘World Digital Song Sales’、‘Japan Hot 100’、‘Social 50’、‘Independent Albums’、‘Billboard Canadian Hot 100’など7個のチャートに名前を上げました。

韓国ガールズグループの'最初'と'最高'の記録を同時に獲得

驚くのはそれだけではありません。ミュージックビデオのアクセス数も自己最高記録を打ち立てました。 「DDU-DU DDU-DU」のミュージックビデオは公開21日7時間だけで1億5000万ビューを達成。K−POPの男性グループ・女性グループをひっくるめて最短記録を新たに打ち出しました。これは以前の記録から3日も短縮させた結果です。


Instagramより

音楽番組でも相次ぐ1位獲得の朗報が続いています。すでに音楽番組8冠王に上がったBLACKPINKは7月8日放送の「人気歌謡」でも1位を獲得し、音楽放送9冠王となりました。いつまで1位を獲得するのか、このまましばらくBLACKPINKの独走となるのか。注目が集まっています。

12月には京セラ公演が決定!

また、12月24日には京セラドーム大阪で初の単独ドーム公演を行うことが決定しているBLACKPINK。京セラドーム大阪で海外女性グループがライブを行うのは初めてで、2017年8月30日に日本デビューし、約1年4カ月でのドーム公演も、韓国の女性グループでは史上最速となります。韓国の女性グループのドーム公演も、少女時代が2014年12月に東京ドームで行って以来、約4年ぶりの開催。8月22日には、現在大ヒットを飛ばしている「DDU-DU DDU-DU」の日本語バージョンの発売が決定。個人別のジャケットだけでなく、購入者限定のリリース記念番組視聴権も付くとあって今から話題となっています。

いわゆる'7月大戦'と呼ばれるほどに大勢の音源強者がカムバックする中、7月の歌謡界でBLACKPINKが彼女たちの席を堅固に守ることができるのか。強敵TWICEのカムバックは明日。ランキングに変動があるのか。大きな注目を集めているのです。

The following two tabs change content below.

笠見 りり

フリーライター / 広告代理店企画営業職を経て、フリーライターへ。 日本と韓国を頻繁に行き来しています。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す