SM・YG・JYP 3大芸能会社、新社屋も比較されている?

韓国を代表する3大エンターテイメント会社、SMエンターテイメント・YGエンターテイメント・JYPエンターテイメント。常に比較されている3社ですが、現在は社屋について騒がれているようです。どこの会社もアーティストが高品質のコンテンツを生産することができるように最高の環境を提供するということだけでなく、未来のスターを育成することに惜しみない投資をしています。今回は最近変化があったという3社の社屋についてまとめてみたいと思います。

JYPエンターテイメント

2PM・GOT7・TWICEなど人気アーティストが所属するJYPエンターテイメント。JYPエンターテイメントは17年ぶりにソウル江南区清潭洞社屋から江東区城内洞の新社屋に移転しました。JYPエンターテイメントの新社屋には会議室や業務空間など基本的な構成以外にも9個のダンス練習室、18個のボーカル練習室、7個のプロデューシングルーム、11個の録音空間、2個のミキシング空間などがあります。またパク・ジニョン代表の意向によって有機農業のカフェも一緒に位置しているという話です。



Instagramより

JYPエンターテイメントの所属アーティストが新社屋の内部の様子を公開するなど、各方面で話題になりました。俳優のユ・パクは建物の外観だけでなく、建物内の有機農業カフェの写真を公開して満足感を現わしました。また、歌手のユビンは新曲「淑女」の振付映像を通じて新社屋の練習室を初めて公開して、“私はまるで再契約したみたいです。新社屋に来ました。”と感想を明らかにしました。新しい練習室は天井の照明がJYPとなっていたり、特別に設置された防音壁があったりと、快適な施設へと生まれ変わった様子が伝わってきたのです。バンドDAY6もラジオの放送を通じて、“元々は演奏室がありませんでしたが、僕たちのために良い演奏室が作られました。”と感激の感想を伝えました。

YGエンターテイメント

BIGBANGやWINNER・BLACKPINKといった有名なアーティストが所属するYGエンターテイメントは、最近新社屋の模型イメージを公開して関心を集めました。YGの現在の社屋はソウル麻浦区合井洞に位置してますが、2019年7月に新社屋は同じ場所に完工される予定とのことです。YGエンターテイメントの新社屋を中心として合井洞はK−POP観光の中心地として集客に貢献すると大きな期待を集めています。



Instagramより

特にYGエンターテイメントのヤン・ヒョンソク代表プロデューサーは、6月29日自分のSNSに“#YG新社屋模型 #来年7月完工 #内部面積6000坪 #3年悩んだデザイン #BIGBANGの新しいアルバムの録音はここで #YG”とコメントを付けて複数枚の新社屋の模型写真を公開しました。 トレンドを先導するYGエンターテイメントらしく新社屋のデザインもユニークで感覚的な姿が人目を引いています。6000坪に達する内部の面積の中、構内の食堂だけで400坪と明かされました。

SMエンターテイメント

東方神起や少女時代・EXOといったグローバルアーティストが所属するSMエンターテイメントはソウル江南区を中心に計4個の社屋を保有していることでも有名です。三成洞に位置したコミュニケーションセンター、清潭洞に位置するスタジオセンター、狎鴎亭洞に位置するセレブリティーセンター、三成洞COEXに位置しているアティウムなどかこれらに相当します。SMエンターテイメントの社屋を中心に江南区もK−POPの観光地として多くのK−POPファンが訪問しています。



HPより

7月21日には三成洞のSMTOWN COEX ARTIUM内のSMTOWN THEATREで「THE STATION」初のミュージックトークコンサートの開催が決定。EXOのベッキョンやNCTのテンなどの出演が発表され話題を集めています。

The following two tabs change content below.

笠見 りり

フリーライター / 広告代理店企画営業職を経て、フリーライターへ。 日本と韓国を頻繁に行き来しています。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す