NU'EST W カムバック後 初の1位獲得!ファンに感謝の気持ちを伝える

タイトル曲「Dejavu」が人気を集めているボーイズグループNU'EST Wが7月6日KBS2の音楽番組「ミュージックバンク」でカムバック後初の1位を獲得しました。


Twitterより

カムバック後、初1位獲得

この日の放送でNU'EST Wはタイトル曲の「Dejavu」と収録曲「Polaris」のステージを披露し、セクシーで強烈なカリスマ性から甘美な感性まで多彩な魅力をプレゼント。一層グレードアップしたビジュアルで舞台を掌握し、熱い反応を得ました。

NU'EST Wは1位発表の後、感激的な姿でファンに向けて切ない心を伝えただけではなく、先立って1位公約で公開していた胴上げを完璧に披露するなど1位受賞に対するありがたい心を現わしました。

特にカムバック以降初の1位を獲得したNU'EST Wは所属事務所のPLEDISエンターテイメントを通じて、“良い姿と音楽をお見せするためにメンバー全員が本当に熱心に準備したアルバムでしたが、このように1位を獲得できて本当に感謝しています。その間待ってくれたファンの方々にまずとても感謝していることを伝えます。私どもに送っていただいている応援と愛にいつも良い姿で恩返しして差し上げることができるように熱心に努力するNU'EST Wになります。と言いながら受賞の感想を伝えました。

熱い反応を得ている「WHO・YOU」

このように、6月25日にニューアルバム「WHO・YOU」を発売して大衆から熱く愛されているNU'EST Wは今回のアルバム発売直後オンライン音源サイトとアルバムチャートで高評価を獲得しただけでなくGAONの2018年6月24日〜6月30日集計分のアルバム総合チャート、ダウンロード総合、BGM総合でチャート1位を記録。3冠王に上がる“テセドル”らしい底力を誇示しました。GAONチャートで3冠王を達成したNU'EST Wは、この他にもタイトル曲「Dejavu」がデジタル総合及びモバイルチャートの上位にランクインしたことはもちろん、今回のアルバムの収録曲の全曲がデジタルチャート、ダウンロードチャート、BGMチャートのTOP100以内にランクインし、良い成績を記録した。また、「WHO, YOU」はHANTEOチャートに加え、Synnara Record、YES24、KYOBO文庫、INTERPARKなど韓国の各アルバム販売サイトでも連日チャートの上位を記録しました。

メンバーが全曲の作詞に参加

NU'EST Wのニューアルバムの「WHO, YOU」は、初めての経験の中で感じる“馴染み”と記憶の中の“懐かしさ”という主題でメンバーのベクホとJRが全曲の作詞に参加し、NU'EST Wの個性がより一層強くなった作品です。ベクホは、“できるだけ新しい姿を見せなければならないということに集中しました。それと共にその中で、僕たちの本来のカラーを失わないことが一番重要だと思いましたし、その中間になるところはどこなのか、すごくたくさん悩みました。”と伝えました。


Twitterより

タイトル曲「Dejavu」を含めて、「Signal」「Polaris」「ylenoL」「Gravity&Moon」「Shadow」など全6曲が収録されており、特にタイトル曲「Dejavu」はNU'EST Wが初めて挑戦するラテンポップジャンルの楽曲で、彼らの音楽的な成長とより一層広くなったスペクトルを確認することができます。

NU'EST Wは新しいアルバム「WHO、YOU」で活発な放送活動を続けて行く予定です。本日7月7日にはMBCの「ショー! 音楽中心」を通じてタイトル曲「Dejavu」の舞台を披露します。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す