間もなく放送開始!今週のミュージックバンク出演のガールズグループの見どころは?

今週もミュージックバンクの放送間もなくに迫っています。主な出演予定のガールズグループは、fromis_9、NINE MUSESギョンリ、MOMOLAND、APINK、ELRISです。

カムバックステージAPINK

清純派コンセプトから成熟した魅力でカムバックしているAPINKがミュージックバンクカムバックステージの目玉と言えるでしょう。彼女たちのニューアルバム「ONE&SIX」のタイトル曲「1つもない」は、恋人に対しての感情がなくなってしまった女性の心情を表現した別れのナンバーとなっています。従来のハツラツとした女性らしいダンスとメロディーが印象的だったパフォーマンスから、成熟したセクシーなAPINKを見ることができるでしょう。同タイトル曲は韓国だけでなく、世界的に注目を集めており、アメリカビルボードが、「ミュージックビデオで6人のメンバーは、女らしくて明るいイメージから脱皮し、以前の柔らかくて少女らしいスタイルとは違う、彼女たちだけのカリスマ性を最大化する、さらに成熟したルックを披露しながら官能的な魅力を強調した。特に『1つもない』は、特定のストーリーラインに従わず、女性たちのそれぞれ別れた姿を多様な方式で見せる。全般的な演出で、ミュージックビデオの間にドラマチックな別れのシーンを配置した」と分析しており、注目度の高さが伺えます。本日のミュージックバンクの応援に駆けつけたファンたちへ自身のツイッターにて、「本当にすごく力になりました。あまりにもささっとやり終えてしまって残念ですが、これからたくさんの舞台が残っているから」とコメントし、ファンの愛称にパンダにちなんで、「ありがとう、パンダ、本当にパンダが最高だよ」とファンへの格別な愛情を披露しています。

NINE MUSESギョンリもカムバック

ギョンリは先日、ソロデビュー曲のリリース記念のショーケースを行い、合わせてソロデビュー曲のミュージックビデオを公開しました。デビュー7年目を迎えてのソロデビューとなったギョンリの楽曲は、「昨日の夜」というタイトルで、大切な人との別れの瞬間をセクシーな魅力と共に表現している彼女らしいナンバーに仕上がっています。ベースサウンドの彼女の独特なセンスが光る歌唱がマッチし、曲全体として強烈なセクシーコンセプトを発揮しながらも、どこか幻想的な雰囲気を漂わせる至極のナンバーの地上波放送に期待が高まっています。自身の誕生日と合わせたソロデビューは本日最も注目されるステージとなるでしょう。

新世代ガールズグループも続々出演予定

fromis_9、MOMOLAND、ELRISなどの若手ガールズグループも登場します。まず、MOMOLANDは前回作品以上のヒットを目指し人気を継続的に獲得しに精力的活動している場面が目立ちます。中毒性の高いナンバーにリズミカルなダンスとハツラツとたビジュアルが見どころと言えるでしょう。fromis_9は2ndミニアルバム「To. Day」がロングランを見せており、タイトル曲「DKDK」はキャッチャーなメロディーと女性らしいビジュアルが印象的な内容となっています。新人グループの台頭が目立つガールズグループシーンの中心的役割になりつつあります。ELRISも見逃してはなりません。夏を感じさせる女性らしいコンセプトで帰ってきた彼女たちは、清純派路線よりもガールズクラッシュ路線が人気を博している初夏のチャートに真っ向から挑んでいる形となっています。新人グループらしさが光るパフォーマンスでこの夏のダークホースになれるかに注目です。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す