活動休止中EXIDソルジ、「ソルジのボイス」が復活!EXIDを支えるメインボーカルの心優しき一面

チャート逆走の女王として今や人気を世界に広げて活動しているEXIDには、欠けてはならない重要なピースが1つ欠けています。それはメインボーカルソルジです。ソルジは、健康上の理由で活動ができなくってしまっていますが、復帰に向けてメディアを通して変わらずのファンとメンバーへの感謝を示し話題を集めてきました。そんなソルジが、現状でファンとのコミュニケーションを図る機会として、「ソルジのボイス シーズン2」を、「V LIVE」を通じて放送することが決定し、7月4日に初放送され関心を集めています。

" target="_blank">Instagramより

治療に専念するソルジ

ソルジはメインボーカルとして長きに渡りグループを牽引してきました。健康上に問題がある中でもスケジュールを消化してきましたが、バセドウ病の診断を受け治療に専念することになり現在に至ります。ソルジは昨年4月の4thミニアルバム「Full Moon」リリースから活動に参加しない方向を決め、ファンに対して事務所は「EXIDのソルジが7日に発売される4thミニアルバム「Full Moon」のレコーディングやジャケット撮影には参加しましたが、その後の放送活動にはやむを得ず参加しないことになりました。ソルジは昨年末に甲状腺機能亢進症(バセドウ病)の診断を受け、健康上の問題で活動を中止して休息をとってきました。今回のアルバムは本人の参加意志が強く、できるだけ活動する方向で行おうとしましたが、健康が最初よりは多く好転したものの、活動を再会する場合は体力的な限界や健康悪化が懸念され、悩んだ末に不参加を決めました」公表しています。その後、OSTへの参加やメンバーのライブへのサプライズ出演など、可能な限りの範囲で活動を行なっていました。

バセドウ病の手術

ソルジは、今年年初に自身の病気「バセドウ病」に関する眼窩減圧術を受けました。バセドウ病とは、甲状腺機能亢進症を起こす代表的な病気で、甲状腺ホルモンが必要以上に産生されるため、肉体及び精神に様々な影響を及ぼとされています。術後所属事務所は「ソルジは8日、眼窩減圧術を無事に終え、今は回復中です。担当主治医によると、手術は無事に終わりましたが、眼窩減圧術は時間を持って見守らなければならない手術であるため、現時点で正確な経過をお伝えすることは難しいとのことです」と公表し、経過に専念していました。

メンバーへの感謝

ソルジは自身のインスタグラムを通じで、活動休止中に4人での活動となっているメンバーへの感謝を示しています。ジョンファやハニの誕生日には、バースデーメッセージ投稿をし、変わらない絆と愛情を表現しています。また、最近では、日本デビューを飾ったEXIDのショーケースライブに電話で出演するサプライズまで披露し、元気な健康状態と、自身の復帰への期待をアピールしています。

ソルジのボイス シーズン2

ソルジはNAVERのライブ映像配信アプリ「V LIVE」で「ソルジのボイスシーズン2」の初回放送を4日に公開しました。この日の復活に関して、「皆様とよくコミュニケーションを取りたかったが、どのようにすればいいのか悩んだ末、この前行った『ソルジのボイス』を復活させようという意見が出て、シーズン2をスタートすることになった」と明らかにしており、現状の回復具合に関して「また良い姿で挨拶するため、練習しながら準備している。休養期間に『DDD』のダンスを教わった。久しぶりにダンスを踊ってみたが、とても楽しかった」順調さをアピールしました。

4人体制となりながらも人気を継続的に獲得しているEXIDの完全体での活動の日も近いかもしれません。ソルジの経過とグループとしての活動にますます注目です。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す