防弾少年団、振付師が明かす『RUN』の振り付けとメンバーの魅力

先月末にミニアルバム『花様年華pt.2』をリリースした防弾少年団とデビュー前から仕事を共にしている振付師ソン・ソンドゥク氏が韓国のメディアのインタビューに答えました。

『RUN』の振り付けについて

今回の2日に行われる音楽授賞式『2015 MAMA(2015 Mnet Asian Music Awards)』の舞台で初のカムバックステージとなりますが、タイトル曲の『RUN』について下記のように明かしています。

「『RUN』は『I NEED U』の延長線上にあり、美しいけど、悲しく、不安で、タイトルが『RUN』ということで、泣きながら走る感じの枠組みはたくさん出てきました。プロローグやMVや以前の映像を見ながら思い付きました。『RUN』の振り付けのエンディングは蝶です。前回が花なら今回は蝶です。エンディングの時、蝶で終わって、走る動きだけではあまりにも単純なので、メンバーがパワフルだけど、その中にセクシーな感じを残しました。」

■蝶がテーマ

今回アルバム『花様年華pt.2』のティザー画像として『Papillon(蝶)』をテーマにした画像が公開されていました。


防弾少年団、ミニアルバム『花様年華 pt.2』のコンセプト画像16枚を公開
『花様年華 pt.2』コンセプト『Papillon(蝶)』 24日、防弾少年団のミニアルバム『花様年華 pt.2』のコンセプト画像16枚が公開されまし...

各メンバーの魅力は?

各メンバーの魅力については下記のように答えています。

RAP MONSTER
「服をよく着こなしています。初めて会った時はとんでもなかったけど、今は本当に格好良くなりました(笑) リーダーとしてのオーラも出てきて、カリスマ性もあります。」

SUGA
「考えが深いです。メンバーの中では一番話が通じます。」

JIN
「JINは長男だから図々しかったけど、たくさん話を交わしました。一番たくさん怒ったメンバーだけど、今は気楽で近付きやすくなりました。本当成長しました。」

JUNG KOOK
「本当に純粋です。デビュー時と今も変わらないです。15歳の時に初めて見た彼のままです。体は大人になりました。」

J-HOPE
「本当に感謝しています。本当に大変だったこともあるけど、頼もしいです。RAP MONSTERがリーダーですが、ダンスにおいては誰よりも大きな力になってくれるメンバーです。」

JIMIN
「JIMINは向上心が強いです。練習の虫です。今も歌の練習を本当にたくさんします。自分に不足している部分をカバーしようと練習します。」

V
「Vはぼんやりとした魅力があります。Vのおかげでたくさん笑うこともできます。振り付けを覚える時、振り付けに加え、自分のパートに何かをプラスするように考えてくれます。才能がヤバイです。記憶力も良いし、ダンスも才能があります。」

そんな防弾少年団は2日のMAMAの出演を控え、メンバーが到着した様子が公開されています。

タグ: