少女時代テヨン日本新曲「Stay」で魅せた爽やかなメロディーと美声

少女時代テヨンが自身初となる日本ソロショーケースライブを記念し、撮り下ろしビジュアルのスペシャルパッケージCDとチケットのセットで販売されている「Stay」のミュージックビデオが公開されました。

TaeYeonさん(@taeyeon_ss)がシェアした投稿 -

" target="_blank">Instagramより

Stay

公開されたテヨンの新曲「Stay」は爽やかなメロディーが印象的ながらも、大切な恋人との別れた後の空虚な日常を表しつつも、新たな道に進んで行く強い女性を表現しています。モロッコで撮影された「Stay」は、「采配を振るうのは私よ」が曲全体の前向きな印象を象徴しています。童顔ながらも洗練されたビジュアルが印象的で、恋人との別れの寂しさを表現する場面では、物憂げな表情を浮かべ、それでも前に進んで行く女性を表現する部分では広大な荒野で羽を伸ばす前向きなビジュアルとなっています。ビジュアル全体として数パターンの長袖のワンピースがテヨンのビジュアルを際立たせており、サビでは力強いテヨンの美声を感じることができます。

TaeYeonさん(@taeyeon_ss)がシェアした投稿 -

TAEYEON −JAPAN SHOW CASE TOUR 2018−

テヨンは自身初となる日本でのソロツアーを29日の大阪公演をフィナーレとし全日程を消化しました。今月15日の福岡公演から始まった同ツアーは名古屋、東京などの会場でも開催され、チケットは全てソールドアウトを記録するなどの盛況ぶりでした。日本語MCなどを披露し、日本のファンのために準備してきたことが伝わる内容となっており、クールな楽曲と迫力のボーカルで会場を魅了すると、後半のバラードパートでは、透き通る歌声で日本のファンに美声を届けました。フィナーレでは、「今回のショーケースを待っていてくださったみなさんが喜んでくれる歌を準備しました。みなさん一緒に歌ってください」とコメントした後、少女時代の「Indestructible」を披露しました。タイトル名には不滅なもの、変わらないことなどの意味があり、ファンとの変わらない絆に感謝の気持ちを込めました。ダブルアンコールでは韓国での最新曲「Something New」を歌い、盛りだくさんの内容となりました。

TaeYeonさん(@taeyeon_ss)がシェアした投稿 -

" target="_blank">Instagramより

Something New
6月18日リリースの自身ソロとして3rdミニアルバム「Something New」では、大幅なイメージチェンジを行い、1970年代のソウルミュージックを連想させるネオソウルな一面を披露し、ボーカリストとしての表現力の幅の広さを証明しています。音源チャートも好調で、iTunes総合アルバムチャートでチリ、サウジアラビア、シンガポール、インドネシア、マレーシア、タイ、フィリピン、香港、マカオ、台湾、ベトナム、カンボジアなどの世界12地域で1位を獲得し、ワールドワイドな人気を誇示しています。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す