B1A4も避けることができなかった《魔の7年》。ジニョン・バロが去った後も完全体での活動は可能なのか

デビュー7周年を迎えた5人組ボーイズグループB1A4が岐路に立ちました。これから既存の5人体制を続けていくことができるのか注目されています。


Twitterより

ジニョン、バロの2人が事務所を離れる

6月30日所属事務所のWMエンターテイメントによると、“B1A4のメンバーは最近再契約の議論を行い、話し合いに終結を迎えた。”、と明かしました。その結果、シヌゥ・サンドゥル・ゴンチャンの3人だけが再契約に合意。チームのリーダーであるジニョンと、ラップ担当のバロの2人は所属事務所を去ることになったとのことです。


Instagramより

シヌゥ、サンドゥル、ゴンチャンの3人は再契約

これに関連して所属事務所側は、“ジニョンとバロは6月30日を最後に当社との契約が終わる。所属アーティストB1A4のメンバーと専属契約満了を控えて長期間論議した末に自分の夢を広げるために各々の道を歩こうとしたジニョンとバロの選択を尊重することにした。シヌゥ、サンドゥル、ゴンチャンは今までの信頼と愛情で当社と再契約を完了した。当社はシヌゥ、サンドゥル、ゴンチャンの成長のために全面的な支援を惜しまずに最善の努力を尽くす予定だ。”と公式立場を発表しました。


Instagramより

韓国アイドルが避けて通れない《魔の7年》

これによりB1A4もいわゆる《魔の7年》を避けることができなくなりました。 アイドルグループは公正取引委員会が提供した標準契約書により所属事務所と7年間の専属契約を締結するのが一般的。これによって契約満了時が近付くと歩みを変える人も出てくるという分析です。これまでも2NE1や4minute、RAINBOWなど多くのアイドルグループが契約満了時に解散という道を選んできました。

多くのヒット曲を世に生み出したB1A4

2011年4月23日に「OK」でデビューしたB1A4はその間「SOLO DAY」、「Baby Good Night」、「What's Happening?」、「Lonely」「A lie」、「Rollin」など多くのヒット曲を発表し、音楽ファンから愛されてきました。ジニョンとバロの場合は歌手活動と並行して俳優としても活発な活動を行い、またシヌゥとサンドゥルもミュージカル界で活躍するなど活動範囲を拡げてきました。

今後完全体での活動は可能なのか?

B1A4のメンバーは、2018年4月23日に所属事務所との契約満了を控え再契約の可否に対する議論を数回続けてきました。しかし2ヶ月の追加延長には合意しましたが、惜しくも5人完全体としての再契約は解消されたという結末です。ジニョンとバロの契約満了を控えて、多くの企画会社と接触してきたことも知られています。二人の場合、近いうちに公式化される新しい所属事務所で歌手活動よりは演技活動に力を注ぐ可能性が高い状況です。


Twitterより

既存の所属事務所に三人だけが残ることになり、このことで完全体での活動可能可否にも関心が傾いています。ジニョンとバロが新しい所属事務所に籍を置く場合、スケジュールの調整問題などによってグループ活動にも難しさが生じるためです。チームでの活動に対する本人たちの意志が弱い場合、B1A4の完全体での活動も事実上は不可能になる可能性が多いとされています。反対に、チーム活動に対する意志が強い場合、多くのファンの希望通り三人体制ではなく五人完全体としての活動も可能になるでしょう。

メンバーが語っていた《魔の7年》への思い

メンバーは7周年を控えて2017年9月に行われたインタビューで、《魔の7年》に対する本音を打ち明けたことがあります。当時バロは、“人々が《魔の7年》という言葉をくっつけたがるので、そのような雰囲気が作られてしまっているようです。実は僕は5周年、6周年の時にも毎年まったく同じ心でした。1年が過ぎる度に何か恐ろしいことが近付いているといった印象を全く受けたことがありません。去年もそうだったように1年熱心にしていると、また1年が過ぎていく…。そんなことが僕の日常になりました。メンバーとずっと一緒に行くという考えです。”と明らかにしていました。


Instagramより

ゴンチャンは、“実は7周年になることに対して、そんなに大きく考えていません。来年にはまたどのような歌をファンの方たちに聴かせてあげて、どんなステージを見せてあげようか、ファンの方たちとまたどんな良い思い出ができるのか、そのことだけを考えています。”と打ち明けて、シヌゥは、“アイドルの同期たちが同じようなことを経験してきているのを見て、心配にならなかったと言えば嘘になります。僕たちがまだ20代中盤なので一生懸命熱心に走る時期です。まだ情熱が燃えあがっています。7年目の心配をする時期ではないと思います。”と明かしていました。

ジニョンが意味深なインスタ投稿

メンバーのジニョンが6月30日に自身のインスタに投稿した内容が話題となっています。内容はB1A4 3枚目のアルバム「GOOD TIMING」に収録された「함께(一緒に)」の歌詞。投稿された時間はデビュー日である4月23日に合わせてか4時23分でした。B1A4としてこれからも一緒に歩むという意味での「함께(一緒に)」なのか…。色んな意見が飛び交っています。


Instagramより

所属社側はB1A4の完全体での活動可否について、“当社はチームの再整備に集中を尽くして、今後の活動方向についてメンバーと慎重に論議して決めるようにする。”と明らかにしました。
日本でも多くのファンを抱えるB1A4。これからの活動に多くの関心が集まっています。

The following two tabs change content below.

笠見 りり

フリーライター / 広告代理店企画営業職を経て、フリーライターへ。 日本と韓国を頻繁に行き来しています。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す