「BBoom BBoom」に「LATATA」、相次ぐヒット曲の豪華ラインナップのミュージックバンク20周年特集上半期決算

今月6月29日に放送された「ミュージックバンク」は番組開始20周年を迎えた節目に、20周年特集上半期決算でした。人気ガールズグループも多数参加しており、上半期に人気を得て、グループとして急上昇を見せたMOMOLANDの「BBoom BBoom」「BAAM」と(G)I-DLEの「LATATA」のリミックスバージョンが披露されました。

MOMOLANDさん(@momoland_official)がシェアした投稿 -

" target="_blank">Instagramより

" target="_blank">Instagramより

MOMOLAND「BBoom BBoom」「BAAM」

20周年記念回の二番目には今、人気急上昇のMOMOLANDが登場しました。まずは日本デビューも果たした楽曲「BBoom BBoom」を披露し、その後数グループを挟み、新曲「BAAM」を披露しました。「BBoom BBoom」では、鮮やかなブルーがメンバーのビジュアルを引き上げ、完成度の高いパフォーマンスで会場を熱狂させました。続く「BAAM」では、軽快なステップが印象的なハツラツとしたダンスと、中毒性高いサウンドを披露しました。激戦チャートの中新曲の音源成績は伸び悩んでおり、今後「BBoom BBoom」のような爆発期ヒットを生み、トップグループの地位を獲得し維持できるのかに注目が集まっています。中毒性高いパフォーマンスに裏づけされたミュージックビデオの再生数は順調なので今後に期待がかかります。

https://youtu.be/GH7a5-t3t-Q

https://youtu.be/OUciqiJqE40

バラエティセンスの発揮?

MOMOLANDは最近、音楽番組以外のメディアを通してプライベートな魅力をファンに伝えています。「LINE LIVE」に出演の際には、2つのチームに分かれ、歩数計を使ったゲームとにらめっこ対決に挑戦しました。にらめっこ対決では、ビジュアルラインのヨヌが鼻に指を突っ込んだり、テハが髪をかき上げて白目をむいたりするなど、ステージとはまた違った魅力を発揮しています。最後には、メンバーそれぞれがファンへの感謝の気持ちを言葉にし、テハは「日本デビューできたのはMERY(MOMOLANDのファン)のおかげですし、LINE LIVEに出られたのもMERYのおかげだと思います」とコメントしました。

LATATA

新人グループの中で急上昇し人気を獲得している(G)I-DLEは、デビューアルバムのタイトル曲「LATATA」のリミックスバージョンを披露しました。当楽曲は、デビューアルバム「I am」のタイトル曲となっており、デビューアルバムながら、「プロデュース101」と「UNPRETTY RAP STAR3」に出演したメンバーのチョン・ソヨンが作詞作曲に参加したことでも話題を呼び、クールなパフォーマンスと強烈なビートが印象的な高い音楽性を表現しています。ラップの能力の高さ、歌唱力、表現力などのステージングスキルのどの分野を取っても高い技術を誇り、新人離れしたクールな一曲となっています。

https://youtu.be/CnS0s0wReq4

華々しいデビュー後の活動、大型新人の誕生

中毒性高い「LATATA」は、デビュー後すぐに注目を集め、すでに新人ながら数々のタイトルや記録を達成しています。5月22日に22日目で「THE SHOW」で初の1位を獲得、24日には、Mnet「M COUNTDOWN」で1位獲得、さらに、29日の「THE SHOW」に出演し、2週連続で1位を獲得しました。人気は韓国のみならず海外にまで波及しており、ビルボードワールドアルバムチャートで7位にランクイン、iTunesのK-POPチャートでアメリカ、イギリス、オーストラリア、カナダ、シンガポールなど全世界11地域で1位を飾りすでに海外デビューも視野に入れることができるグループです。その新人離れした人気と実力で、7月開催の「M COUNTDOWN in TAIPEI」の韓流を引っ張る次世代アーティストを海外のK-POPファンに紹介する共生のプラットフォームになるために、多数の新人グループを今回のラインナップに見事選ばれ出演が決定しています。今後大注目のグループといえるでしょう。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す