APINK、20秒の予告から見る7thミニアルバムタイトル曲「1もない」

7月2日のAPINKのカムバックが迫ってきています。19日からカムバックへのプロモーションを開始し、28日までに、アルバムのコンセプトフォト、トラックリスト、メンバーのコンセプトフォト、チョロン、ボミ、ウンジ、ナウンの4人のメンバーのイメージティーザーとフィルムティーザーが公開されました。

ONE&SIX

約1年ぶりの完全体でのカムバックとなる7thミニアルバム「ONE&SIX」での活動が迫って来ています。今回のニューアルバムには、タイトルの1と6に関連させて、6人のメンバーたち各自の姿や魅力を披露するという抱負が込められており、APINKを応援しいつのまにか1つになっている“ファンをONEとし、6人のApinkがSIXを表しています。この1つになったファンとAPINKの6人が一緒に過ごす、つまりONEとSIXを足して7となり、7周年になるという意味が込められています。公開されているコンセプトフォトなどから、清純派のコンセプトからイメージチェンジを予感させます。2016年の「Only one」にも似た雰囲気を感じさせます。加えて今回は、さらに大人の清純した妖艶さと幻想的な雰囲気を感じさせるものとなっています。

Twitterより

1もない

タイトル曲「1もない」は、女性の冷めた恋心を表現した楽曲となっており、所属事務所は、APINKよ今回のカムバックについて、「これまでのApinkの清純で愛らしい雰囲気に成熟差を加えて、イメージチェンジを図った。Apinkの新しい魅力を発見できるはずだ」とし「Apinkのメンバーたちが長い間考えて、一生懸命に準備したアルバムなので、たくさん期待してほしい」と伝えています。

Twitterより

個人イメージティーザーとフィリムティーザー

カムバックへのプロモーションで、チョロン、ボミ、ウンジのイメージティーザー各自20秒程度とフィルムティーザーを公開しました。公開の先頭を切ったリーダーチョロンは、成熟した赤と白のビジュアルを披露し、メロディーから、どこか物悲しさを感じさせる印象です。ボミは、散らかった部屋に銀色のドレスでセクシーな魅力を発揮しています。ウンジも同様に成熟したビジュアルを披露し、ナウンはブルーのドレスで美貌を披露し、イメージ冒頭で4人ともに共通している扉を開けるシーンがあり、恋人との思い出の残る部屋に入り、チョロンはケーキ、ボミは紙、ウンジは写真のデータフィルム、ナウンはフォトフレームを無慈悲に扱い、恋人との別れを象徴させ、恋の終わりを告げている描写を連想させます。29日30日にはナムジュ、ハヨンも順に公開されます。

カムバック準備秘話

カムバックを控えるAPINKは、グループでの活動がない期間にも、新しいアルバムのコンセプトや、それぞれの日常をメンバー間で共有していたことを明らかにしました。メンバーは、「最近アルバムのストーリーとコンセプトの相談をたくさんしたけれど、普段は面白い動画、かわいい赤ちゃんの動画や子犬の動画を共有します。宿舎からは出たけれど、近くに住んでいるメンバーたちが多くて、個人スケジュールがない時には頻繁に会って時間を過ごしました」とし、7年経っても変わることのないメンバー間の絆を誇示しています。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す