K-POPサイン会の抽選方法やその特徴

サイン会の抽選方法や当選の仕組みについてよく質問を頂きますので、抽選方法やその特徴などをお伝えします。

サイン会の抽選方法

サイン会はどのように抽選されると思いますか?よく「グループによってサイン会の方式は違うの?」と聞かれることがありますが、基本的にはグループではなく、サイン会を主催するお店ごとに抽選方法が異なります。

手動での抽選

ランダムでの抽選です。分かりやすいほどのくじ引きです。やり方は色々あると思いますが、購入した枚数分の応募券を箱に入れて、CDショップ側が手で抽選する方法です。HOT TRACKSはそうですね。こんな感じで応募券を箱に入れます。

なんとこの応募方法、基本的にCD枚数分の応募券を直接手書きで名前と電話番号などの個人情報を1枚1枚書きます。そのため大量に買ったらこんな感じになります。弊社は応募代行業者のため、多くのお客様分の応募券を手書きで書くのでこんなに多くの枚数になりましたが、個人でも大量に購入される方は大変なのでは??

コンピューターでの抽選

韓国語では『기계추첨(機械抽選)』と呼ばれます。機械とはコンピューターによるものです。イメージしにくいかもしれませんが、お客さんの応募券の情報をパソコンに登録し、お店のルールで抽選します。前述の手動での抽選をパソコンを使ってやっているような感じで、基本的にはランダムですが、あまり情報が開示されていないため、何とも言えない部分はあります。枚数での制限もあったりなかったりという…。基本的にオンラインで募集されているサイン会はこの方式で行われます。

■コンピューターによるメリットとデメリット
メリットとして手動での抽選方式は応募券に記載している電話番号や名前の表記を間違ってしまった場合、抽選箱に入れるので後から気付いたとしてもとり返しがつかないですが、コンピューターでの抽選はパソコンで管理をしているためお店に連絡をすれば修正に対応してくれるところもあります。

デメリットとしてはお店側が手動でパソコンに入力しているため、入力ミスがたまにあったりします。例えばどのサイン会も一般的に当選発表は下記のように名前と電話番号の一部を伏せてHP上で発表されますが…

名前/電話番号
PAP P*NS / 090-****-1111

これに対したまに『電話番号は合っているけど、私の名前はSATO(佐藤)なのに、SAOTとなっている…これ当選してるの???』などということがたまにあります。これはお店の入力ミスのため、弊社の方でお店に電話をして直してもらいお客様は無事当選したということが何回かあります。

枚数優先

これがいわゆる『ボーダーライン』が話題になる抽選方法で、多く買った枚数順に当選していくものです。そのため多く購入される方が特に多い抽選方法で、当選するか落選するかがハッキリ分かるボーダー数というのを気にする人が多いサイン会です。しかしボーダー数は結果的にサイン会が終了してみないと分からない部分ではあるので、お問い合わせが来てもお答えできないものではあります…。

このような方式に色がつくことも

注意点としては全てのお店が「このお店はこの方式!」と発表している訳ではなく、何となく言われているだけで、場合によっては違う場合もあり、枚数の調整も入ったりします。この辺りになるとなかなか噂レベルでも拾えないので判断は難しいです。また特定のグループの時はこういう方式が多いといった特徴も見られるため、イレギュラーはあります。

何枚買えば良いの?

ではこのような抽選方法に対してどのように買えば良いかというと、考え方の違いでもあります。例えば手動での抽選はいわゆるくじ引きです。そのため確実ではないものの応募数が多ければ多いほど有利にはなりますね。1枚よりも2枚買っただけで当選確率は2倍になります!そのため「くじ引きだったら少しでも枚数積んで応募したら当たりそう!」、もしくは「少ない枚数でも運良く当選しそう」と考える人もいます。これに対して「くじ引きは絶対当たらないから応募しない」と考える人もいます。そのため考え方の違いですね。

ただいずれの抽選方式にしても多く購入した人はやはり当選しやすい印象です。ご自分の予算と相談して、無理のない枚数分を購入しましょう。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す