BBoom BBoom (뿜뿜) のヒットで初めてビジネスクラスに乗ったMOMOLAND

6月26日午後、MOMOLANDの4枚目のミニアルバム「Fun to The World」のショーケースが開催されました。今回のアルバムのタイトル曲「BAAM」のミュージックビデオはティーザー映像の段階で450万ビューを記録。それだけでもMOMOLANDに対する大衆の期待感がうかがえます。


Instagramより

「BBoom BBoom」のヒットで変わったこと

ショーケース会場の大きさ

いつのまにかデビューしてから3年が経過したMOMOLAND。相変わらず新人アイドルのような清々しさがありますが、メディアへの出演回数もグンと増え、出演番組を首を長くして待つことはなくなりました。ショーケースに集まったマスコミの数も大幅に増えたという話です。リーダーのヘビンは、“このように大きくて素敵な場所でカムバックのショーケースができるようになったという点に、心から感謝しています。とても光栄です。記者懇談会の後には更に多くのファンの方達がいらっしゃるはずですがファンの方達のために良いステージを準備しました。”と話しました。

また不安な気持ちも明かしました。ヘビンは、“この場合を私たちが全て満たすことができるか心配になったりしました。ファンの方達のためにショーケースも企画しましたが、面倒くさくていらっしゃらない方がいるのではないかと心配でした。しかし売り切れになったというのが未だに不思議で、ものすごく感謝しています。”と付け加えました。


Instagramより

エアコン、TV、洗濯機をゲット!

MOMOLANDの変化はショーケースの開催場所だけではありません。MOMOLANDのヨヌは、“「BBoom BBoom」で1位を獲得した後周りの生活が変わりました。メンバーで一緒に宿所に住んでいますが、エアコン、TV、ドラム型洗濯機など、以前はなかった物が与えられました。また、初めて飛行機でビジネスクラスに乗るようになりました。初めて乗りましたが全てがとても不思議でした。機内食のメニューを選ぶことができる事を知らなかったんです。”と変化を実感すると話しました。

MOMOLANDはデビュー後初めてMBCの人気バラエティー番組「無限に挑戦」など各種バラエティー番組に出演し、出演するたびに「BBoom BBoom」のダンスを披露してきました。いつの時代もテレビ番組に出演してこそ生き残ることができるとされている新人ガールズグループの切実な現実。バラエティー番組の製作陣の無理な要求が目に見えて分かることもありましたが、MOMOLANDは終始笑いを失わずに自分たちを世間に知らせました。

新曲「BAAM」が前作「BBoom BBoom」に似ている⁈

MOMOLANDは今回のアルバムに収録された新曲とパフォーマンスに対する自信感を現しましたが、しかしこの日のショーケースの中で数人の記者は今回のアルバムについて前作とそっくりであるのではないかという質問を投げかけました。実際に「BAAM」の雰囲気が「BBoom BBoom」と似通っているのは事実です。「BAAM」でMOMOLANDだけの明るくて愉快なDNAを表現するのは良い事ですが、'自家複製'をしているという指摘は避けにくいかもしれません。

これについてヨヌは、“「BBoom BBoom」は私達には大きい挑戦でした。私達には何が合っているのか悩みに悩みぬいて探した中に得た結果です。。今回のアルバムを準備しながらも会社とプロデューサーチームが私達の魅力を更に引き出すことができないか悩んでいました。その中で「BBoom BBoom」の延長線の「BAAM」が出来上がりました。次の曲からは新しい挑戦をする予定です。”と説明しました。

日本での反応も熱いMOMOLAND。「BAAM」のティーザー映像のクリック数だけを見ても大衆がMOMOLANDにどれだけ関心が大きくなっているかが分かります。これから厳しい夏がやってくるだけに所属事務所はMOMOLANDの健康管理に気を使ってほしいもの。MOMOLANDはこれから連日歌番組の出演が続きます。蒸し暑い日は何だか気持ちもダラけてしまいますが、「BAAM」を聴いて頑張りましょう!

The following two tabs change content below.

笠見 りり

フリーライター / 広告代理店企画営業職を経て、フリーライターへ。 日本と韓国を頻繁に行き来しています。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す