ソロアーティストとして舞台に立つアイドルグループのメンバーたち

毎月さまざまなアイドルグループたちがカムバックしている中、アイドルグループのメンバーとしての活動だけでなくソロアーティストとして新たな魅力を見せながら活躍しているメンバーたちはたくさんいます。

TaeYeon(@taeyeon_ss)님의 공유 게시물님,

グループ活動だけでなく最近ではユニット活動も活発に行われており話題を呼んでいますが、その中でもグループやユニットに負けずにたくさんの注目を集めながら、これからの活躍が期待されているソロアーティストたちの姿が多くみられます。

1人でも上手にやっていけているメンバー

BIGBANG/スンリ

スンリ以外のBIGBANGのメンバー達が兵役業務を行っている最中となっており、グループBIGBANGとしての活動は現在はストップしている状態となっていますが、スンリはメンバーたちがいなくてもバラエティ番組などに1人で出演しながらソロ活動を積極的に行い、多くのファンから愛されている姿を見せています。

Lee seung ri(@seungriseyo)님의 공유 게시물님,

今年の7月の上旬にはスンリがソロとして5年ぶりとなる正規アルバムを発売しカムバック予定となっており、アルバム発売後の8月には初の単独コンサート『SEUNGRI 2018 1st SOLO TOUR THE GREAT SEUNGRI IN SEOUL』も開催される予定となっています。
今年中にはBIGBANGのメンバーたちに続いてスンリも入隊するということが明らかにされている状態ですが、軍隊入隊前にスンリは他のメンバーたちの分までソロアーティストとしての活躍を見せています。

Wonder Girls/ユビン・ソンミ

以前から『Gashina』や『Heroine』といった数々のヒット曲を生み出してソロ活動を成功させているソンミに続き、ユビンも先日5日に初のソロデジタルシングルアルバム『都市女子(도시여자)』を発売しタイトル曲『淑女(숙녀)』でソロデビューを果たしました。

もともとWonder Girlsのラッパーだったユビンですが、今回のソロデビューではラッパーではなくボーカリストに変身している姿を見せ注目を集めました。今回のソロデビューアルバムのタイトル曲『』はオールドな雰囲気を出している”シティーポップ”のジャンルの曲となっており、Wonder Girlsのラッパーとして活動を行っていたときのユビンとはまた違った魅力を見ることができるソロ曲となっています。以前自身のリアリティ番組に出演したユビンは『不足している点があっても地道にやっていきたい。』とソロ活動に対しての想いを述べました。

少女時代/テヨン

アイドルグループのメンバーの中でもソロアーティストとして定着し成功を見せているメンバーといえばテヨンです。”信じて聴けるボーカル”として圧倒的な人気を誇っているテヨンは『Rain』や『11:11』『Fine』『Why』といった数々のヒット曲を生み出し、先日18日には3枚目のアルバム『Something New』を発売、カムバック活動を行いながら今回の新曲も大人気を見せています。

毎回カムバック事に違ったジャンルの曲で聴く人を楽しませてくれるテヨンは少女時代というアイドルグループのメンバーとしてだけでなく、ソロアーティストとしてたくさんの人に愛されています。

JBJ/キム・ドンハン&キム・ヨングク

JBJのメンバーとして活動をしながらたくさんの人気を得ていたキム・ドンハンとキム・ヨングクの2人もソロアーティストに変身しています。先にソロデビューを果たしソロ活動をスタートさせたのはキム・ヨングクで、キム・ヨングクは今月6月13日にファンに向けて作られたシングル『CLOVER(Feat.윤미래)』を公開、JBJで活動していたときよりも随分と大人っぽく成長した姿を見せたキム・ヨングクです。

キム・ヨングクに続いてキム・ドンハンも先日19日に初のミニアルバム『D-DAY』を発売しソロデビューを果たしました。タイトル曲『SUNSET』でソロ活動をスタートさせたキム・ドンハンはJBJのマンネ(一番年下)だったとは思えないほど、1人で堂々とステージに立っている姿を披露しています。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す