オリコン上半期シングル部門8位&9位にランクイン 日本での人気を証明したTWICE

TWICEがオリコン2018年上半期シングル部門で8位と9位に並んでランクインしました。韓国はもちろん海外アーティストを含みシングル部門のトップ10に唯一ランク入りし、日本での熱い人気を今一度立証しました。

オリコン上半期ランキングに海外アーティストで唯一ランクイン

オリコンは2017年12月25日から2018年6月18日までを集計基準とする2018年各部門の上半期ランキングを発表しました。これによるとTWICEはシングル部門で2018年2月に発表した2枚目のシングル「Candy Pop」、2018年5月に発売した3枚目のシングル「Wake Me Up」がそれぞれ34万224ポイント、34万207ポイントを獲得して8位と9位にランクイン。このチャートでTWICEは韓国はもちろん海外アーティスト含めトップ10の中に唯一ランクインし、日本代表のガールズグループAKB48と共にトップ10に二作品を含ませたK−POPアーティストとなりました。

日本で熱い人気が続く

TWICEは2017年6月デビューベストアルバム「#TWICE」、10月に初のシングル「One More Time」、2018年2月に2枚目のシングル「Candy Pop」で日本レコード協会から3連続プラチナ認証を獲得。3枚目のシングル「Wake Me Up」で海外女性アーティストのシングルで初のダブルプラチナ認証を獲得し、熱い人気が続いています。

日本初アルバム「BDZ」

このような人気に伴ってTWICEはJYPエンターテイメントのパク・ジニョンプロデューサーと手を取り合って9月12日に日本で初の正規アルバムを発売します。初のアルバムタイトルは「BDZ」。'ブルドーザー'の略語です。“新たなスタートに向けて「強く」「前へ」突き進んでいくTWICE”というパク・ジニョンプロデューサーの想いが込もった曲とのこと。アルバムと同名のタイトル曲「BDZ」はパク・ジニョンが直接プロデューシングを担当して大きい期待を集めています。

TWICE×パク・ジニョン

パク・ジニョンとTWICEの組み合わせは2017年5月に発表した「SIGNAL」、2018年4月に発表した「What is Love?」など、熱い人気を集めました。「SIGNAL」は公開後各種音源チャート席巻はもちろん、2017 MAMAでは大賞となる'今年の歌賞'及び各種音楽番組で12冠王を占めました。「What is Love?」もやはり各種オンライン音源リアルタイム、日間、週間チャートを席巻。GAONチャートでも4冠王に上がり、各種音楽番組でも12冠王の光栄を抱き、MVも1億ビューを超えて'8連続1億ビュー突破'の大記録を打ち立てました。

「BDZ」収録曲

日本で初の正規アルバムには既存のシングルタイトル曲「One More Time」、「Candy Pop」、「Wake Me Up」と2枚目のシングル「Candy Pop」の収録曲で多くの人気を得た「BRAND NEW GIRL」、TWICE初の映画主題歌でジャクソン5の原曲をカバーしてLINEミュージックウィークリーチャートのトップに上がって人気を集めている「I WANT YOU BACK」も収録されます。またタイトル曲「BDZ」を含む、新曲5曲の計10曲が収録。2017年6月に発売されたデビューベストアルバム「#TWICE」以降約1年3ヶ月ぶりに発売されるとのことで、TWICEの日本活動集大成の作品になる見込みです。

日本で初のアリーナツアー

初の正規アルバム発表とともにTWICEは日本で初のアリーナツアーを開催。現地のファンと直接交流する時間をもちます。9月29日と30日の千葉 幕張イベントホールを皮切りに、10月2日と3日に愛知 日本ガイシホール、12日〜14日の兵庫 神戸ワールド記念ホール、16日と17日には東京 武蔵野の森総合スポーツプラザ メインアリーナなど4都市、9回公演で現地を熱くする予定です。

また、TWICEは7月9日午後6時に韓国で2枚目となるスペシャルアルバム「Summer Nights」を発表。今からトップガールズグループのカムバックに期待が集まっています。

The following two tabs change content below.

笠見 りり

フリーライター / 広告代理店企画営業職を経て、フリーライターへ。 日本と韓国を頻繁に行き来しています。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す