売れっ子の登竜門!人気バラエティ「ジャングルの法則」に出演したことがあるアイドルまとめ [パプアニューギニア編〜スマトラ編]

売れっ子の登竜門!人気バラエティ「ジャングルの法則」に出演したことがあるアイドルまとめ [ブルネイ編〜トンガ編]

#25 パプアニューギニア編 / Girl's Day ソジン、Apink ハヨン、SUPER JUNIOR イトゥク、MONSTA X ショヌ

男性中心のメンバーで構成されていたこれまでとは違い、前半戦は女性中心となったパプアニューギニア編。歴代最年少の女性メンバーとして合流したA pinkのハヨンは、清純な容姿とは違いジャングルに到着すると、すぐにあちこちを歩き回り率先力としての役割を果たしました。後半から登場したイトゥクはMC本能を発揮。野外のバラエティでもMCとして通用することを見せつけました。また、MONSTA X ショヌが上半身裸で作業する映像は予告の段階から大きな注目を集めたりもしました。

#26 ニューカレドニア編 / 少女時代 ユリ、ASTRO ウヌ、god パク・チュニョン、TWICE ジョンヨン

注目すべきはバラエティー初出演だったASTROのウヌ。虫が嫌いだと言っていたにも関わらずジャングルでは勇敢な姿を見せ足跡を残します。また、イケメン特集の中紅一点だったユリも大活躍。普段からアウトドア派だというユリは、ジャングルの中でも常に笑顔で楽しむ姿を見せました。後半組には人気ガールズグループTWICEからジョンヨンが登場。明るくジャングルに対応していたジョンヨンでしたが興奮した馬の足に蹴られるという事故が。制作陣から途中帰国を進められるもジョンヨンは継続を懇願します。結果怪我と悪天候で他出演者よりは早く帰国することとなりましたが、そのガッツに出演者は皆褒め称えていたそうです。

#27 モンゴル編 / エリック・ナム、BTOB チャンソプ

エリック・ナムとBTOBのチャンソプという新鮮な組み合わせが話題を呼んだモンゴル編。アウトドア派で自然が大好きというエリック・ナムはすぐに自然に調和する姿を見せます。また、最年少のチャンソプも大活躍。ネズミを獲ったり、釣りをしたり、トナカイに乗ったりと、色々な表情をお茶の間に届けました。

#28 東ティモール編 / ファン・チヨル、Highlight ヤン・ヨソプ、 Hello Venus ナラ

「ジャングルの法則」の準レギュラーともいえるHighlight。東ティモール編にはメンバーのヨソプが出演しました。愛嬌あふれるルックスのヨソプですが、ジャングルではでボクシングで鍛えたという筋肉質の体を惜しげもなく公開。視聴者を驚かせました。また、紅一点のナラは自身の持ち物の物々交換を試みるなど逞しい生存能力を見せ、“ジャングルの商人”と呼ばれたのです。

#29 コタマナド編 / Nine Muses キョンリ、INFINITE ソンヨル、Sleepy、ソルビ、BTS(防弾少年団) ジン、宇宙少女 ソンソ

人気グループBTS(防弾少年団)のジンの出演の発表で放送前から大きな話題を集めていたコタマナド編。ジンが出演した初回の視聴率は、最高21.9%を記録し、視聴率1位の座を強固にしました。約486万名(百単位四捨五入)の視聴者が同時に視聴したという計算だ。以前EXOのチャニョルが次の出演者にメンバーの中からベッキョンを指名したように、ジンはジョングクを指名。体力があるし万能で何でもできる、とジョングクを褒めました。また、料理学校を出たという俳優のキム・ミンソクの活躍でオオトカゲをGETしたソンヨルとキョンリはオオトカゲを食べる姿をお茶の間に披露しました。“ジャングル常連”のソンヨルの活躍も話題に。

#30 スマトラ編 / BTOB ソンジェ、プニエル、gugudan セジョン、FTISLAND ジョンフン、CROSS GENE シン

地震の被害で廃墟となったスマトラリゾートで食べ物を調達するために奮闘したBTOBのソンジェ、プニエルとgugudanセジョン。“バラエティー アイドル”セジョンは、バラエティーで培った実力で野外でもバラエティーセンスを見せつけて話題を集めました。以前から釣りが得意だと話していたBTOBのソンジェはジャングルで釣り対決を実施。“僕のいるところに魚が集まってくるのでご飯の心配はしなくてもいい”と豪語したほどに、魚だけでなく海老までも次々と釣り上げて釣り王の実力を見せました。

ーーーーーーー次回、#30以降へと続きます

The following two tabs change content below.

笠見 りり

フリーライター / 広告代理店企画営業職を経て、フリーライターへ。 日本と韓国を頻繁に行き来しています。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す