BLACKPINKカムバックサブタイトル曲「FOREVER YOUNG」のchoreographey公開!

BLACKPINKは、15日に発売した1stミニアルバム「SQUARE UP」のサブタイトル曲「FOREVER YOUNG」の振り付け動画を公開しました。かつてない勢いで新曲のメガヒットを記録しているアルバムのサブタイトル曲は、力強いダンスとビートが印象的な楽曲となっています。

BLΛƆKPIИKさん(@blackpinkofficial)がシェアした投稿 -

不動の人気とタイトル

約1年ぶりのカムバックでの活動となる今回の新曲「DDU-DU DDU-DU」は、中毒性高いビートが光るBLACKPINKらしい個性が発揮されている楽曲となっており、配信チャートでは、音源配信から44の国と地域のiTunesアルバムチャートで1位を獲得する人気ぶりです。韓国主要音源サイトでも1位を独占し、日本でもiTunes、LINE MUSIC、Apple Musicなどの主要音楽配信サービスで1位を記録しています。さらに、オリコン週間デジタルアルバムランキングにおいても同アルバムが初登場1位を獲得しています。韓国だけでなく世界的人気を獲得していることが結果から証明されています。映像メディアの再生数の爆発的伸びも話題となっており、公開からわずか6時間で1000万回再生を記録し、現在9000万回を超える再生数をマークし、わずか2週間弱での1億回再生が現実味を帯びてきています。

BLACKPINK ARENA TOUR 2018

来月からは、チケットソールドアウトで話題となった「BLACKPINK ARENA TOUR 2018」の開催のため来日予定を控えており、同アルバムの楽曲披露が予想されます。7月24日の大阪公演を皮切りに、福岡、さらに追加公演で千葉を巡る予定となっており、約1ヶ月をかけて日本のファンとの交流を図る予定です。

BLΛƆKPIИKさん(@blackpinkofficial)がシェアした投稿 -

メンバーへの感謝とファンへの責任感

BLACKPINKはフリースタイルマガジン「HIGH CUT」のインタビューにて、再三、ファンの期待への責任感とメンバーへの感謝を口にしました。メンバーのロゼは「メンバーたちは私の人生で本当に大切な人々だ。友達になってくれる時もあるし、家族になってくれる時もあるし、またお互い学びながら発展できる人々であるためだ」とし、かけがえのないメンバーらの存在を大切にしている印象を受けます。ジスは、「ファンの期待に応えなければならないという責任感のようなものができた」とし、「一人でも多くの人に満足していただけるようたくさん努力しなければならないと思う」と付け加え、ファンへの格別な愛情表現の1つに完璧なステージングで応える姿勢を見せました。

強烈な魅力で韓国だけでなく世界中を席巻し始めた彼女たちは、近々アメリカ進出の噂も飛び交うほどの人気ぶりです。日本のファンも今回のカムバックに熱狂しています。激戦が予想される6月後半から7月前半のチャート争いをBLACKPINKがどう駆け抜けていくのか注目です。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す