“釜山なまり”が魅力的な男性アイドル9人

溢れる男性アイドル達の中で、“なまり”のひとつだけでファンの心をときめかせているメンバーがいます。日本でも話し言葉の中に“なまり”が聞こえる芸能人がいるかと思いますが、韓国でも日本同様“なまり”が存在します。 多くの地域の中でも慶尚道、特に釜山の“なまり”は同じ言葉を喋っても何となく熱く聞こえ素敵な印象与えているのです。
そのためか男性アイドルが熱い釜山方言で話すと魅力が倍増されると言われています。 テレビ番組などで時々意識せずにふっと飛び出す“ 釜山なまり”でファンをときめかせている男性アイドル9人をまとめてみました。

1. BTS(防弾少年団) ー ジミン、ジョングク

https://twitter.com/bts_twt/status/950696857516167168?s=21

出身地域が様々なグローバルグループBTS(防弾少年団)のジミンとジョングクは興奮した際に時折“なまり”を出し、ファンをドキドキさせています。シュガの故郷が大邱、ジェイホープは光州、RMは一山、ジンは果川、Vは居昌、そしてジミンとジョングクの二人が'釜山'と様々。2014年に発売された2枚目のミニアルバム「SKOOL LUV AFFAIR」の収録曲「어디에서 왔는지 (訳:どこから来たの)でも出身地に関する歌詞が登場しています。“僕は釜山から/君は光州から来たけど/同じだよ 僕たち”、“ここソウルでも/あそこの済州島でも/みんな恋に落ちるんだよ” といった歌詞にファンは心をときめかせました。

2. Wanna One ー カン・ダニエル、ファン・ミニョン、パク・ウジン

人気グループWanna Oneのカン・ダニエル、ファン・ミニョン、パク・ウジンの3人も釜山出身です。メンバー同士ひとつになってパフォーマンスを披露する際は全く分かりませんが、舞台の外で彼らが思わず口にする“釜山なまり”にファンは大きな反応を見せています。特に低い声が更にハスキーになるとパク・ウジンの“釜山なまり”がセクシーだと話題になり、ラジオに出演した際、“愛してる”を釜山方言である“サランハンディ”と言った際はあまりのセクシーさに多くのファンがラジオの前で息をのんだといいます。

3. WINNER ー イ・スンフン、カン・スンユン

이승훈さん(@maetamong)がシェアした投稿 -

グループWINNERの中ではイ・スンフンとカン・スンユンの二人が釜山の出身です。 故郷が同じであるだけでなくMnetの「スーパースターK2」、SBSの「K- POPスター」に出演したオーディション番組出身という共通点を持っている二人。そんな二人はデビュー直後「WINNER TV」の企画で故郷の釜山で路上ライブを披露したことがあります。また、カン・スンユンはtvNドラマ「賢い監房生活」などいくつかの作品で釜山なまりの演技を披露したりしました。

4. B1A4 ー サンドゥル

メンバー5人が揃って地方出身のため、“地方ドル”と呼ばれていたB1A4。リーダーのジニョンが忠州、シヌゥが清州、バロが光州、ゴンチャンが順天、そしてサンドゥルが釜山の出身です。サンドゥルは日常だけでなくテレビの放送でも“釜山なまり”をとても頻繁に使うアイドルの中の一人だと言われています。歌唱力が最大の魅力のサンドゥルですが、男らしい“釜山なまり”が大好きというファンも多数。そのため、ソウルに慣れてしまったからかソウルの言葉を使った際には名残惜しく感じるというファンが大勢いるのです。

5. Highlight ー ソン・ドンウン

Highlight 손동운さん(@highlight_dw)がシェアした投稿 -

Highlightのビジュアル担当、末っ子のソン・ドンウンも魅力的な“釜山なまり”を駆使しているメンバーです。 以前故郷の釜山でコンサートを行った際は「釜山最高!」と“釜山なまり”で挨拶をして、駆けつけたファン達の心を暖かくしました。 最近はバラエティ番組でも大活躍。活躍の場を広げています。

他にもB.A.PのデヒョンやBlock Bのジェヒョ、NU'EST Wのレン、SEVENTEENのウジ、PENTAGONのキノ、SF9のジェユン、などが釜山出身です。どこの国でも共通で“なまり”は魅力的なんですね。

The following two tabs change content below.

HAPPY

フリーライター / 広告代理店企画営業職を経て、フリーライターへ。 日本と韓国を頻繁に行き来しています。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す