AOAジミン?EXID LE?宇宙少女EXY?ラップでグループを牽引するカリスマの3人

K-POPは、洋楽でもJ-POPでもないある種新しい音楽ジャンルと言えるでしょう。ガールズグループの楽曲の中には、強烈なビートなものからアイドルのような清純な楽曲まで様々です。ラップも重要なスキルとされており、グループにはラップ担当のメンバーが所属していることも珍しくありません。今回は、ガールズグループの中でもラップのスキルや人気の高い、AOAジミン、EXIDからLE、宇宙少女EXYの3人についてまとめます。

AOAジミン

AOAジミンは、ガールズグループ界のラッパーの中でもトップクラスのスキルで人気を博しています。特徴的な声が一番の魅力と言っていいでしょう。グループであるAOAの楽曲の中でも特徴的な声のラップを披露して人気を得ています。天性のリズム感に加え、特徴的な声とビジュアルが中毒性を生んでおり、活動はグループだけに留まらず、ソロとしても活動しており注目を集めています。

jiminさん(@jiminbaby_18)がシェアした投稿 -

UNPRETTY RAP STAR

ジミンがラッパーとして注目され始めたのは、2015年ケーブルチャンネルMnetで放送された「UNPRETTY RAP STAR」で好評を得たことが大きな要因です。番組開始当初、アイドルラッパーとして他の出演ラッパーからの強烈なラップに応えることが出来なかった自身の不甲斐なさに悔しさを見せる場面もありました。しかし、番組のミッションを通してジミンも息を吹き返し強烈なディスりで審査員やメンバーを驚かせました。ラッパーとしての転機が良い方向に作用したのでしょう。また、「#RTJ(Ready To Jimin)」と題して、ジミンの音楽を様々な分野とミックスマッチするコラボレーション音源プロジェクトも話題を呼び、最近ではソロとして「Hey」をリリースし、強烈なビジュアルと高い音楽性を披露しています。コラボ楽曲も話題を呼んでおり、ジミンののソロプロジェクト「#OOTD」のスタートを告げる楽曲としてEXOのシウミンとコラボレーションした「CALL YOU BAE」では、大衆の予想を良い方向で裏切ることに成功し、恋人にもっと近づきたい気持ちを可愛らしい歌詞で表現した楽曲の中でのジミンのハイトーンラップが披露されています。

本格派LE

5人組グループEXIDのラッパーを務めるLEは、ラッパーからガールズグループメンバーになるという驚きの経歴の持ち主です。ラッパー時代は、ヒップホップグループ「JIGGY FELLAZ」というグループのメンバーだったそうです。デビュー前には、JYPエンターテイメントの公開オーディションで一位を獲得するほどのスキルを持っています。楽曲中のラップには、高い技術と圧倒的カリスマオーラを感じることができる彼女ですが、歌唱のスキルだけでなく、楽曲の作詞作曲のスキルもずば抜けており、EXIDの楽曲の作詞作曲に携わっており、プロデュースとしても一流である側面を持ちます。また、クールなビジュアルから私服などのセンスも注目されています。

大型グループリーダーラッパーEXY

人気ガールズグループのリーダーを務めるEXYは、リーダーでありグループのラッパーとしてグループを牽引しています。過去には、Wonder Girlsのオーディションにも参加している経歴を持ちます。グループでの楽曲でクールなラップを披露し、さらには、ボーカリストLOVEYとのコラボ楽曲としてEXOの「LOTTO」や防弾少年団の「血、汗、涙」のアコースティックカバーを披露話題を集めました。デビュー3年を迎えさらに人気に加速をかけるグループのリーダーとしても個人のラッパーとしての活動にも今後ますます注目です。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す