所属事務所の代表が明かす、MOMOLANDの人気の秘訣

9人組ガールズグループMOMOLANDの目まぐるしい活躍ぶりが関心を集めています。3枚目のミニアルバム「GREAT! 」のタイトル曲「뿜뿜(BBOOM BBOOM)」で大衆性を十分に獲得したMOMOLANDは、6月26日のショーケースを皮切りに4枚目のミニアルバム「Fun to the world」のカムバック活動に突入します。「뿜뿜(BBOOM BBOOM)」は歌番組7冠王、YouTubeミュージックビデオアクセス数1億5000万ビュー超えなど、グローバルな愛を受けました。

MOMOLANDさん(@momoland_official)がシェアした投稿 -

4枚目のミニアルバムのタイトル曲「BAAM」は、思いもよらなかった異性が突然心に飛び込んできた状況を‘BAAM’という単語で面白く表現した曲。大ヒットした「뿜뿜(BBOOM BBOOM)」のプロデューサーでもあるシンサドンホレンイとボミナンイの合作で、更なるヒットを狙います。

日本活動も大成功!!!

最近MOMOLANDは日本活動を行い大成功をおさめました。日本デビューのファンミーティングは全席が即完売。日本デビューアルバムのタイトル曲「BBOOM BBOOM」はオリコンデイリーアルバムチャートの3位にランクイン。日本語バージョンの音源もLINEミュージックストリーミング週間チャートで1位を記録しました。

MOMOLANDさん(@momoland_official)がシェアした投稿 -

東京の赤坂BLITZで行なわれたファンミーティングと、東京・大阪・名古屋で開催されたグループ別ハイタッチ会で約5万人の日本のファンがMOMOLANDを観るために奮闘。MOMOLANDの人気を再度立証しました。

サバイバル番組から誕生

MOMOLANDは2016年7〜9月にMnetのサバイバル番組「MOMOLANDを探して」を通じて誕生したガールズグループです。当時このリアリティプログラムは人気を得ることがなく、大きな広報活動が出来ないままデビューに至りましたが、結果大きな成果をおさめました。盗作疑惑など色々な議論もありましたが根気よく乗り越えます。2016年にデビューしたガールズグループですが、実際の活動期間は1年6ヶ月程。このような新人ガールズグループが市場を上って来ることは非常に難しいとされています。更に小規模な企画会社に所属していることも驚きのポイントのひとつです。

所属事務所の代表が語るMOMOLAND

MOMOLANDの製作とマーケティングを担当するMLDエンターテイメントのイ・ヒョンジン代表は、1998年にグループショップマネージャーとしてGirl's Dayのマネージメントを担当していた人物です。彼は9人の個性が溢れるMOMOLANDだけの音楽とメンバーが希望する音楽を調和させながらも既存のアイドルが実行しない音楽を目指してチームカラーを作りました。

イ・ヒョンジン代表は、“ファンダム(ファンが集まった集団のこと)市場は以前よりも減ったと見ている。‘私たちのお兄さん’以外には誰も関心がない。 もちろんTWICEやI.O.Iの市場は明確にある。 しかし残りのグループは皆不安である。10代と20代前半の少数ファンに依存する市場だ。そのため大衆性を選んだ。 年齢が少し上の人達も楽に聴くことができるからだ。アナログの風味を加え、振り付けも分かりやすくするなど、そういった部分を考案した。”と明かしました。

MOMOLANDさん(@momoland_official)がシェアした投稿 -

またイ・ヒョンジン代表は、“ボーイズグループは完璧でなければならない。それでこそ次にまた観たくなる。ガールズグループはそこまでいかなくても成長していく姿を見せ続けることが重要であると思う。”と語りました。そうして1年程経過した時に、本格的に‘僕たちのもの’として好感度を維持させていく戦略です。

各自の個性を生かす戦法

MOMOLANDはメンバー全員が個性的なことでも有名です。ダンスが得意なジェイン・ナンシー・ジュイ。英語が上手でFacebook liveを着実にこなすデイジー・アイン・ナンシーは海外のファンとも頻繁にコミュニケーションを図っています。また“元気いっぱいの金髪娘”として大衆に大きな足跡を残したジュイは、数々のバラエティ番組で頭角を現わし、MOMOLANDの知名度上昇に一役かっています。

MOMOLANDさん(@momoland_official)がシェアした投稿 -

イ・ヒョンジン代表は、“一度に9人のメンバー全員を記憶に残すことは難しい。野球でも3, 4番のバッターが打つ日もあれば、1, 2番が打つ日もある。ナンシー、ジュイ、ヨヌの名前をよく見かけるが、最近はデイジー、アイン、ヘビンの人気が上昇している。2018年中にはそれぞれが活動することができる状態に引き上げる計画だ。”と語っています。

何よりもメンバー同士が楽しくコミュニケーションをとることが一番重要だと考えているとのこと。新曲「BAAM」で国民的グループとして定着することとなるのか。世間から大きな注目を集めています。

MOMOLANDさん(@momoland_official)がシェアした投稿 -

The following two tabs change content below.

笠見 りり

フリーライター / 広告代理店企画営業職を経て、フリーライターへ。 日本と韓国を頻繁に行き来しています。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す