釜山の歌姫APINKウンジ

ガールズグループのボーカルラインを務めるメンバーは、それぞれの歌唱力でグループに貢献しファンに愛されます。APINKのウンジは、パワフルなボーカルと安定した音域を誇り、人気グループAPINKをデビュー期から牽引してきました。

@artist_eunjiがシェアした投稿 -

@artist_eunjiがシェアした投稿 -

メインボーカルとしてのウンジ

APINKのキャッチャーな楽曲の中で一際ウンジの美声は際立っています。メンバーのボミと共に主にサビでのパートを担当する機会が多く、加えて大サビ前のポイントでウンジの高音が光る楽曲も多数あります。「LUV」などがその代表で、透き通る歌声にファンが魅了されます。ソロとしての楽曲にて、ドラマや映画のOSTも担当しており、ソロデビューも果たしています。メンバーも公認の圧倒的美声は衰えを知りませんね。

@artist_eunjiがシェアした投稿 -

APINKウンジから歌手ウンジへ

ソロデビューは、2016年のソロアルバム「Dream」で果たしました。歌唱力はデビュー当時から注目されていただけに少し遅めといった印象です。同アルバムのタイトル曲「空マワリ(Hopefully Sky)」はチャート1位に加え、音楽授賞式でベストバラード賞を受賞するほどの賞賛を受けました。2012年のBEASTヤン・ヨソプとのデュエット曲「LOVE DAY」で、知名度を獲得していた実績もあるため、長きに渡り歌唱力が評価し続けられていると言えるでしょう。ソロデビュー1年後の2017年には2度目のカムバックとして、2ndミニアルバム「空間」では、「あなたという春」では、春の雰囲気と相手を思う気持ちを見事に表現してみせました。同アルバムも複数の音楽番組で1位を獲得しています。彼女の才能は歌に留まらず、自身出演のドラマや映画がヒットを連発しており、俳優ウンジとしても活躍中です。

ソロコンサート

グループから派生し、ソロ歌手としてソロコンサートの大盛況を打ちたてました。コンサートでしか披露できない事に重きを置き、数々のゲストが登場するなど、ファンを驚かせたコンサートでした。現代的なボーカルテクニックとは、一線を画した天性の歌唱力に癒される特別なショーだったと言えるでしょう。

https://twitter.com/baggiojm1123/status/870994409969508352?s=21

@artist_eunjiがシェアした投稿 -

@artist_eunjiがシェアした投稿 -

最近では、SUITS/スーツ」のOST(劇中歌)に2番目のアーティストとして参加することが決定し、さらにグループとして、7月に一年ぶりのカムバックも決定しました。メンバー全員が再契約したことが話題となったAPINKですが、その中でも随一の歌唱力を誇るウンジに今後も目が離せませんね。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す