Apink、AOA、Red Velvet、、、スマホゲームの広告に引っ張りだこの女性アイドル達

韓国でも日本同様にスマホの普及率が増え、発売されるスマホゲームの数が増加。それによってスマホゲームのマーケティング戦争が激しくなり、ゲームを促進する広報モデルも徐々に多様化してきています。

スマホゲームの広報競争が激しくなり、広告モデルの需要が急増。広告モデルを選択するゲーム会社の悩みも深まっている状況だといいます。すでに名前が知られているかなりの人物はほとんどの場合ゲームの広告モデルを少なくとも一回は請け負った経験があり、かといって全く名前が知られていない人物をゲームの広告モデルに起用した場合、広告モデルとしての意味が色褪せてしまうからです。

そのため既存の他ゲームの広告モデルとして活動していた芸能人やセレブも自社ゲームのイメージと合っていると判断されれば、そのゲームの広告モデルとして採用されるというケースが増えています。一般的に、競合他社の製品モデルは自社製品に起用しないとされていますが、ゲーム業界ではそのような法則も崩れてしまっているのです。もちろん、多くのゲームの広告モデルとして重なって出演する芸能人はそれほど自己管理をよくしているという意味でもあります。

それではそんなスマホゲームの広告に多数出演しているガールズグループは誰でしょうか?調べてみました。

1. Apink

多くのガールズグループがスマホゲームの広告モデルに抜擢されており、その中で人気のあるメンバーがソロでモデルとして活躍するといったことも増えています。Apinkの場合は、多くのガールズグループの中で完全体メンバーで多数のスマホゲームの広告モデルとして参加した回数が多いことで有名なグループです。

Apinkがモデルとして参加した作品は、「英雄の軍団 for kakao」、「ゴッド・オブ・ハイスクール」、「権力:THE RULERS」 など、子供達が好きなゲームはもちろん、中高年層が好きなMMORPGまで多様です。

これは、Apinkが好感度が高いということはもちろん、老若男女に好かれているアイドルという意味で、実際にApinkは広告モデルとして参加したゲーム内に登場するのはもちろん、イベントのラジオを進行するなど、様々な方法でユーザーやファン達と疎通するなど積極的にゲームイベントに参加する姿で良い評価を受けています。

2. AOA

2014年にアクションRPGゲーム「なんだかんだ」で初めてスマホゲームの広告モデルに抜擢されたAOA。活発な魅力を見せ、ユーザーにポジティブなエネルギーを伝達し注目を集めました。

続いてAOAはグループ間全体で、「CUM2US プロ野球 forマネージャーシーズン3」、「英雄の軍団 for kakao」、「パイレーツオブカリビアン:戦争の波」の広告モデルとして活躍。また、メンバーのソルヒョンは単独で「黎明 for Kakao」の広告モデルとして参加するなど、様々な作品の広告モデルとして積極的に参加してきました。

主に成人男性ユーザーがターゲットのゲームの広告モデルとして活躍したという点は、清純コンセプトのガールズグループApinkとセクシーコンセプトのガールズグループAOAの対照的な部分と見ることができるかと思います。

3. Red Velvet

今や国民的ガールズグループへと成長を遂げたRed Velvet。セクシーコンセプトとCuteコンセプトを行き来するRed Velvetは「プロ野球H2」と「Eternal Light」の広告モデルとして活動し、多彩な魅力を放っています。

「プロ野球H2」ではマネージャーとして爽やかな魅力を披露したRed Velvetですが、「Eternal Light」では女戦士として活躍し、強烈な印象を残しています。この他にもリーダーのアイリーンは単独で「リング」の広告塔として活躍。男心を溶かすCFで、ゲームのダウンロード数を増加させる役割を果たしました。

韓国に旅行した際はCMにも目を留めてみたいですね。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)