ミルキーボーイ→男の中の男 BTS (防弾少年団) 末っ子 ジョングクの成長歴

世界中を股にかける超が付く売れっ子のBTS (防弾少年団)。そんな中、メンバー内最年少のジョングクがデビュー以降ますますオッパ(お兄さん)の要素を増やしていると韓国オンライン上で話題を集めています。

6月3日の放送されたSBSの歌番組「人気歌謡」でBTS (防弾少年団) のジョングクは振付の最中にRMに襟を掴まれ意図せずにシックスパックに割れた腹筋を公開することとなりました。この日シックスパックで視線を捕らえたジョングクは完璧なオッパの要素を披露し、デビュー時から華麗に変化を遂げた姿を見せたのです。グループの末っ子としてデビュー当時は可愛らしい姿を見せていたジョングクが様々な活動を終えてますます男らしく成長する姿を見せてくれました。

ここでデビューから移り変わるジョングクの成長歴をまとめてみたいと思います。

1. No More Dream

1990年代のギャングスターラップを再解釈した強烈なヒップホップビートが印象的なBTS (防弾少年団)のデビュー曲「No More Dream」。若者の夢や幸せを歌に連想させたこの曲で、ジョングクは真っ白な肌と対照的な黒い髪とアイラインで強調された目元など、あどけない姿で視線を引きました。

2. I NEED U

2015年BTS (防弾少年団)は、青春2部作がコンセプトのアルバム「花様年華」を発表し、グローバル歌手に成長しました。当時タイトル曲「I NEED U」で、韓国国内の各種音源チャートで1位を記録。また、日本のオリコンデイリーシングルチャートでも1位にランクイン。

ジョングクは髪色を茶色に変え、深い目つきと目を軽く覆うスタイリングで成熟した姿を披露し、大勢のファンをときめかせました。

3. DOPE

難易度が高い振り付けが海外から高い反応を得て爆発的な人気を集めた「DOPE」。特に会社員やカーレーサー、警察、医者など、複数の職業を象徴する衣装を着たミュージックビデオは大きな話題を呼び、YouTube再生回数3億ビューを突破。ファンの関心を集中させました。

ジョングクはミュージックビデオで前髪を上げたスタイルを披露。強烈な目つきを放つ警察官に完全に変身し、セクシーな大人の男の魅力を発散しました。

4. 血、汗、涙

ヘルマンヘッセの「デミアン」をベースにした「血、汗、涙」は、BTS (防弾少年団)の成長する苦しみを描いています。小説の中の主人公・シンクレアが自分自身を見つけるために激しく努力したように、ミュージックビデオでは苦悩する彼らの姿が表現されました。

明るい茶色の髪に染めたジョングクは「DOPE」よりも重く深くなった目つきと表情で、どこかが痛そうで悲しそうな、それでも可愛く見える姿を披露しました。

5. 春の日

リズミカルな雰囲気を一層生かした「春の日」でBTS (防弾少年団)は、やわらかいカリスマ制を披露しました。

ジョングクは明るく染めたヘアスタイルを披露。優しい表情で雰囲気のある男の姿を強調しました。No More Dreamでデビュー当時の姿を連想させましたが、当時より一層豊かになった表情や行動に成長が感じられると話題を集めました。

6. FAKE LOVE

5月21日、BTS (防弾少年団)は米国のラスベガスで開催された《2018 ビルボード・ミュージック・アワード》 で3枚目の正規アルバムのタイトル曲「FAKE LOVE」の舞台を世界初披露しました。ミュージックビデオ公開後、一番初めに行われたステージだっただけに客席からは大歓声が。BTS (防弾少年団)の絶大的な人気があらためて証明される舞台となりました。

ミュージック・ビデオでは黒髪コンマヘアに強烈な目つきで圧倒的な存在感を示したジョングク。よりシャープになったアゴの線がファンを魅了。また、隠れていたジョングクの腹筋は、さらにセクシーな男性美を表現しました。

これからますますの活躍が期待されるBTS (防弾少年団)。末っ子ジョングクが次に見せてくれるスタイルに既に大きな関心が集まっています。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す