テヨン×?? コラボで際立つ美声

韓国ガールズグループには、様々な特徴を持ったグループやメンバーが存在します。コンセプトで差異を出すグループや、大人数の中でボーカルライン、ビジュアルライン、ダンスラインで個性を出すメンバーなど多様化しています。少女時代は、一時代を駆け抜けたトップグループです。その中でメインボーカルを務めるテヨンの歌唱力は、グループとしての楽曲やドラマの挿入歌などで高い評価を得ています。さらに、様々なアーティストとのコラボ楽曲も話題を呼び、ガールズグループとしてのテヨンではなく、アーティストテヨンとしての地位を確立しています。今回はそんなテヨンのコラボ楽曲について見ていきます。

TaeYeonさん(@taeyeon_ss)がシェアした投稿 -

テヨン×エンバ

テヨンは、f(x)エンバのソロ曲にフーチャリングとして参加しています。2015年リリースの「SHAKE THAT BRASS」には、エンバの特徴を楽曲として表現したものとなっており、強烈なビートとラップが融合した中毒性の高い楽曲です。テヨンは曲前半では、合いの手的なポジションとして登場し、ラストのサビ前には、持ち前の高音域を生かした力強い歌唱を披露し、2人の息のあったパフォーマンスを楽しむ事ができます。同楽曲のミュージックビデオには、少女時代のヒョヨン、godのパク・チュニョン、お笑いタレントのアン・ヨンミ、GOT7のジャクソン、miss Aのミン&ジア、Busker Buskerのブレッド、RAINBOWのウリ、CRAYON POPのエリン、NU'ESTのアロン、C-CLOWNのロム、モデルのアイリーンなどが出演しており、豪華な顔ぶれとなっています。

テヨン×ジョンヒョン

テヨンのコラボ楽曲はまだまだあります。昨年末、惜しまれながらこの世を去ったSHINeeジョンヒョンとのコラボバラードS.M. The Ballad 2集アルバム「Breath」では人の心に突き刺さるような感極まる歌唱で大衆を魅力しました。非常に切ない歌詞となっており、別々の道を歩むことになった恋人が、昔を懐かしみ回顧しお互いの息遣いだけでも元気な便りとして必要としているといったもので、共感を集めました。曲前半と後半で、パートがそれぞれ入れ替わり、高音低音の両方のハーモニーを堪能できる楽曲となっています。テヨンとジョンヒョンはプライベートでも姉弟のように親密であったため、なおさらファンにとっても本人達にとっても別れが名残惜しいものでした。

テヨン×キュヒョン

音源チャートで1位を獲得したことで話題になったのは、SUPER JUNIORのキュヒョンとのコラボの際にリメイクされた「済州島の青い夜/The Blue Night Of Jeju Island」です。この楽曲では、男性グループの中でも際立つ甘い声で人気なSUPER JUNIORのキュヒョンと同事務所のボーカルクイーンのテヨンがタッグを組み、済州島の爽やかなイメージを表現しました。爆発的な高音はないものの、安定したボーカルラインを披露しています。テヨンはキュヒョンと共に済州島産のミネラルウォーターの広告撮影を進行し、“バンド コマプスムニダ”プロジェクトにも参加しましたが、活動のためにリリースされた曲ではないにも関わらず、爆発的な人気を得る

テヨンのコラボ楽曲はこれだけでは、ありませんので、要チェックです。彼女の歌手としての実力にますますこれから注目していきたいですね。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す