デビュー7周年記念日に年内解散を発表したCODE-V。実力派と評判の彼らの名曲についてまとめてみた

日本デビュー7周年記念日にあたる5/30に年内の解散を発表したCODE-V。持ち前の歌唱力と圧巻のパフォーマンスで着実にファンが増えていったCODE-Vですが、実力派グループと言われているだけに、過去の楽曲も名曲が多いですね。今回は、そんなCODE-Vの代表的な名曲を、日本語と韓国語の楽曲を含めまとめてみました。

CODE-Vってどんなグループ?

CODE-Vは以前に「Bless」というグループ名で2007年から活動していましたが、2010年に「CODE-V」と名前を変え再デビュー。2012年には日本を拠点に活動開始。現在までメンバー編成を経て、現在はサンウ・ナロ・ルイ・ソル・テフンの5人組で活動しています。

日本デビューで培った日本語の実力はもちろんのこと、親しみやすいキャラクターも好感を呼び、着実に人気を増やしていった彼らです。メンバーがそれぞれの音楽を追求するべく、今回解散の道を選びました。

CODE-Vの数々の名曲たち

『Homme』(남자답게)(2008年)

2008年にBless名義で発売した『Homme』(남자답게)。ピアノのメロディから始まる切ないながらも感性的な楽曲に仕上がっているこの楽曲は今でもファンに愛されていることもあり、2013年にはアコースティック・バージョンとして再録されています。

『Addiction』(중독)(2010年)

CODE-Vとしてのデビュー曲『Addiction』(중독)。ライブやイベントでの披露の際は必ず盛り上がるこの楽曲ですが、2011年には『Addiction〜君なしには、生きられない』というタイトル名で日本語でも歌われています。ちなみに、原曲と日本語バージョンではPVのコンセプトがかなり違うので、是非両方とも見たいところですね。

『君がくれたもの』(2012年)

日本デビューシングル『君がくれたもの』。別れをテーマにした渾身のバラード曲であるだけに、彼らの歌声が一段と引き立っている楽曲です。以前にアコースティックバージョンで披露したことがありますが、彼らが奏でるハーモニーがベストマッチしていますね。

NASTY NARO『Last Night』(2017年)

メンバーのナロが『NASTY NARO』名義で発売したソロ楽曲『Last Night』。Pジャケット写真がセクシーだと当時話題になりました。ナロは以前に韓国の番組で歌声を披露し、実力が認められているだけに、ナロのファンなら外せない楽曲ですね。

Niiisan's『TITANIC』(2017年)

メンバーのサンウ、ルイ、ソルの3人で結成したユニット・Niiisan's(ニーサンズ)の楽曲『TITANIC』。PVではバンド演奏など、CODE-Vではあまり見られない姿を見せた3人ですが、そんなかっこ良すぎるPVのかたわら、斬新なジャケット写真が面白いと当時話題になりました。

『大好きで大嫌い』(2018年)

CODE-Vの最新曲『大好きで大嫌い』。PVにはなんと元フィギュアスケート選手の村主章枝が出演しています。かつての恋人が好きすぎて悲しくなってしまう感情が忠実に楽曲にあらわれています。

12/23に東京で行われる単独コンサートを最後に解散するCODE-V。その他にも新曲・アルバムのリリースや全国ツアーもまだまだ活動が残っているので、その間ファンを盛り上げてくれること間違いなしです。

The following two tabs change content below.

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)