元afterschoolユイ "私は自分が演技が上手いと自惚れていた"と告白

歌手兼俳優ユイが自身の演技力に対して率直に打ち明けた

ユイは24日午後ソウル江南区のカフェに記者たちを呼んでMBC週末ドラマ'婿殿オ・ジャクドゥ'放映終了記念共同インタビューを進めました。

デビュー10年目ですでに色々なドラマに出演し、アイドル出身演技者の偏見を着実に破ったユイは今までの10年を振り返ってみてほしいという要請に"率直に申し上げれば自信があふれた"と告白しました。

"なんでもわかっていると己惚れました。"新人賞も受けて週末ドラマでで重要な役割も引き受けて自らを"感情演技が上手だ"と自評したといいます。

しかし、ユイは"演技はそれが全部ではなかった。 発音や指示、伝達力など当然欲はあったにもかかわらず私ができない分野だったが、ただ私は私がすることができる明るい役割をすれば良いと考えた"と率直に話しました。

似たキャラクターを引き受けて自身の演技力に"己惚れた"と認めたユイは今になってようやく"視聴者の方が見た時私が変に目立ってはいけないということが大事であるとわかったといいます。ドラマの内容自体を見ておもしろいのかどうかを見るべきで、私を見た時'発音はなぜああする?なぜあのようにできたか?なぜこんなに細いの?'といいながら私が邪魔になってはいけないんじゃないか"として"それを遅れて悟ったようでかなり申し訳ない"とも話しています。

それと共にユイはこれからは"私に対する話が出てこないようにさらに努力すること"としながら"名前の前に'演技者ユイです'と付けられるようにそのぶん努力するだろう"とたくましい意欲を明らかにしました。

去る19日放映終了した'婿殿オ・ジャクドゥ'でユイは女主人公ハン・スンジュで俳優キム・ガンウ、チョン・サンフン、歌手兼俳優ハン・ソナなどと共演。

1988年生まれのユイはガールズグループアフタースクールで2009年デビューしてMBC'善徳女王','黄金の虹','結婚契約','不夜城',SBS '上流社会'などに出演して演技者として活動幅を広げています。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)