「夜」での活動終了。GFRIEND次なるステージへ

韓国人気6人組ガールズグループGFRIENDが、今月3日からの新曲「夜」での活動を終え、日本でスケジュールが控えるため、準備しています。今回のカムバックでは、パワー清純に大人の要素が少し加わったパフォーマンスで大衆を引きつけました。タイトル曲「夜」は従来の可愛らしくハツラツとした曲調でなく、どこか物憂げさを感じせるものでした。しかし、GFRIENDの特徴である力強いダンスは健在で、新たなグループの個性をはっきしていました。約2週間強の活動でありながら、今回も数々の偉業を成し遂げ、日本での活動に繋がるものになりました。

5月は激戦区?

GFRIENDがカムバックした5月初旬には、タイトル競合グループが数多く存在していました。チャート逆走から一気に日本デビューまで登り詰めたMOMOLAND、名実共に韓国トップガールズグループのTWICE、GFRIENDやTWICEらとデビュー期から切磋琢磨してきたLOVELYZなど、どのグループが1位を取るに相応しい実力と人気を持っています。こうしたグループとの競合の中でも結果を残したGFRIENDのこんかいえのカムバックは、彼女たちの成長の証であると言えるでしょう。

10冠達成

GFRIENDは今回の活動で、各音楽番組タイトルで10冠を達成しました。過去に、「Rough」で15冠、「NAVILLERA」で14冠を達成しています。まさにタイトルクイーンの名に恥じない成績です。当時の韓国音楽ガールズグループでは、音楽番組計29冠達成し、少女時代、Apinkに次ぎ歴代ガールズグループ最多タイトルを保持しています。今回の活動では、着実にタイトルを獲得していき、5月20日の人気歌謡で2週連続で1位を獲得し10冠達成で活動を終了しました。音楽配信チャートでは、配信当初は他競合の勢いを超えるほどではありませんでしたが、音楽番組での人気が功を奏したのか、配信チャートでの逆走での1位を獲得しています。

メディア、個人活動も順調

4月30日に公開された「夜」のミュージックビデオは、3日で1000万回を達成し、現在2000万回を超える再生数まで伸ばしています。また、メンバーのシンビは、個人ブランドランキングで3位にランクインし、個人として、内側からグループのさらなる活性化を生んでいます。

次のステージは日本

活動を終え、ひと息つき間もなく日本での活動の為に韓国を22に出国しました。明日23日の日本デビューアルバムの発売を控え過密スケジュールであることがわかりますね。16日の先行配信もあり、今後日本での活動も増えていくでしょうから日本のファンは期待が高まりますね。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す