Weki Mekiキム・ドヨン“‘プロデュース48’参加者にアドバイス? 自分の性格のどおりすること

Weki Mekiキム・ドヨンがスター&スタイルマガジン@star16月号画報およびインタビューを進めました。 愛らしいJ.ESTINAのハンドバッグと共に‘Dear. Me’というコンセプトで務めました。 今回の画報でキム・ドヨンは初夏の活気がうんと感じられるさわやかな雰囲気をかもち出しました。

プロジェクトグループWJMK

プロジェクトユニットグループ‘WJMK(ウジュミキ)’で活動を控えているキム・ドヨンは期待感を伝えました。“Weki Mekiでは姉さんラインなのに、WJMKではユジョンとともに末っ子ラインです。また、Weki Mekiとは違いキュートな感じがある。私の可愛い姿を見ることができるのではないかと思う”として明るく笑って答えました。

本人をわかりやすく表現する単語では可能性を挙げました。“してみなかったことに恐れはあるが実際にやってみれば上手くやり遂げた。 色々な方面で可能性があるようだ”として自信あふれる姿を見せたドヨン。

素の性格で挑むこと

普段一人で行動するのが好きだというキム・ドヨンは“一人で書店に行って横断歩道を渡って公共交通を利用する日常的なことが私にはヒーリングだ。 日常的な幸福が私とって大きい。この仕事をしていると本来の私を閉じ込めておかなければならない時が多い、するとますます孤独になったよ。 これ以上隠れて過ごさないで、人にもまれるために外に出て行く”と明らかにした。

キム・ドヨンは最近Mnet ‘プロデュース48’録画に参加し、IOIメンバーらと久しぶりに会いました。 “解散以後皆揃って会ったのは初めてだ。 会うやいなや互いに抱きしめるのに忙しかった。‘yes,i love it’というコメントを叫んだがかなりジーンとした”として感激的な出会いを伝えました。

‘プロデュース48’参加者にアドバイスしたい部分に対しては“自分の性格のとおり、そのままするのが最も重要なようだ”答えた。“私はとても人見知りでカメラも避けて通った。そんなに恥ずかしがりの私だったが国民プロデューサーの方がそのような姿を好きになって下さったので私がIOIになることが出来たと考えます”と話しました。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)