Wanna One、宇宙少女など… ユニット旋風到来

アイドルグループの活動はメンバー数が多いほど有利であるとされています。K−POPのグループは10人前後という構成の大型化の姿勢を見せて“ユニット”活動も目立つように多くなりました。

歌謡界では13人組でデビューしたSUPER JUNIORがチーム内の一部のメンバーでユニット活動をしてきました。SUPERJUNIOR-T、SUPERJUNIOR-Happy、SUPERJUNIOR-M、SUPERJUNIOR-K.R.Y.、SUPER JUNIOR-D&Eなど、ユニット活動の元祖と言えます。その他にも数多くのグループが完全体の活動と共にユニットを活動を並行してきました。そんな中、しばらく収まっていたユニット旋風が歌謡界に再び吹くことが予想されています。

キューティクラッシュ!予告画像だけで可愛いWJMK

우주소녀💕さん(@wjsn_cosmic)がシェアした投稿 -

次世代ガールズグループとして有望な[宇宙少女]のメンバー2人と[Weki Meki]のメンバー2人でプロジェクトユニット[WJMK]の結成を予告。6月から本格的な活動がスタートする予定とされています。公開されたティーザー画像にはブルー、グリーンの可愛らしいイラストと共に[WJMK]というテキストの記載が。加えて[宇宙少女]のソラ&ルナと[Weki Meki]のユジョン&ドヨンの名前が英文で書かれており、今回のプロジェクトへの関心と期待を高めています。魅力的な二つのガールズグループの特別なプロジェクト[WJMK]のコンセプトは、“キューティー クラッシュ”。可愛らしいステージパフォーマンスが想像できる予告は、更にファンの期待を集めています。

Wanna One初のユニット曲に期待が集まる

また、大人気ボーイズグループグループWanna Oneもリアリティプログラム「Wanna One GO : X-CON」を通じてユニットを公開すると明らかにしました。これにより、歌謡界に更なるユニット旋風が到来すると期待されています。5月7日の最初の放送でWanna Onemユニットプロジェクトの最初のユニットマッチングの過程を紹介。Wanna Oneメンバーが各自胸中に抱いている相手が誰なのか、その相手の心を得るために努力する姿が公開され話題を集めました。彼らはユニットを結成した後歴代級のプロデューサーと一緒に各々の個性が引き立つコラボレーション曲を製作。また、それだけではなく、来る6月1日に韓国の高尺スカイドームで開催される“Wanna One World Tour ONE:THE WORLD”の最初の公演でユニットの舞台を初披露する予定です。正式なユニット活動ではありませんが、リアリティプログラムを通じてお互いに心が通じるメンバー同士がユニットを結成、コンサートの舞台でも披露するということは、ファンの期待を膨らませています。

EXOとの差別化に成功したEXO−CBX

SEHUNさん(@oohsehun)がシェアした投稿 -

先立って韓国を代表するボーイズグループEXOのメンバー、チェン&ベッキョン&シウミンで構成されたユニット、[EXO−CBX]が新曲「Blooming Day」で歌謡界を熱くしました。[EXO−CBX]は4月に発売した2枚目のミニアルバム「Blooming Days」で国内はもちろん世界中の音楽ファンの熱い反応を獲得。日本でもアルバム「MAGIC」を発売した彼らは、単独アリーナツアー《EXO−CBX “MAGICAL CIRCUS” TOUR” 2018》を開催中。鑑賞したファン達から幸せな感想がたくさん聞かれています。

新しい魅力を引き出したOH MY GIRL BANHANA

また、“コンセプト妖精” OH MY GIRLのヒョジョン&ビニ&アリンで結成されたグループ初の派生ユニット[OH MY GIRL BANHANA]もファンの人目を引きました。[OH MY GIRL BANHANA]は1枚目のポップアップアルバム「바나나 알러지 원숭이 (Banana allergy monkey)」を発売。活発な活動を見せました。ポップアップという意味のように、ゲームをモチーフにした爽やかなイエローの光のレトロな雰囲気がとても可愛らしく、コンソールゲームボックスのデザインも視線を引きました。

かわったユニット名も話題を集めたブソクスン

SEVENTEENさん(@saythename_17)がシェアした投稿 -

SEVENTEENのスペシャルユニット[ブソクスン]もファンから大きい反応がありました。[ブソクスン]はメンバーのスングァン&ドギョム&ホシで構成されたユニットで、一風かわったユニット名は、スングァンの本名ブ・スングァンから「ブ」、ドギョムの本名イ・ソクミンから「ソク」、ホシの本名クォン・スニョンから「スン」を取って命名されたそうです。[ブソクスン]は3月に発表した新曲「거침없이(Just do it)」でカリスマあふれる魅力をプレゼント。新しいユニットらしく一味違うイメージで世間の関心を集めました。

このようにユニット活動が活発となっている歌謡界。完全体以上のヒットを生み出す可能性もあるのか、まだまだブームは続いていきそうです。

The following two tabs change content below.

笠見 りり

フリーライター / 広告代理店企画営業職を経て、フリーライターへ。 日本と韓国を頻繁に行き来しています。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す