ミュージックビデオ撮影中!BLACKPINKカムバックが期待される理由

大人気ガールズグループBLACKPINKのカムバックが近付いています。以前より所属事務所のYGエンターテイメントが1月のiKON、3月のBIGBANG、4月のWINNERに続きBLACKPINKのカムバックを予告してきました。人気グループだけに正式な日付の発表が今か今かと多くの注目を集めています。そんな中、本日10日遂にミュージックビデオの撮影に突入したと報道されました。映像関係者によると全ての音を入れた録音作業を締めくくり、本格的にカムバックの秒読みに入ったとみられています。歌謡界にはBLACKPINKがカムバックするという消息が伝わり、期待感が最高潮に。早ければ5月末〜6月初旬頃のカムバックだと言われています。

2018年カムバックが続くYGエンターテイメント

YGエンターテイメントのヤン・ヒョンソク代表プロデューサーは4月24日自身のSNSに“BLACKPINK。カムバック秒読み。年末までBLACKPINKが受け持ちます。”という投稿と共にタイ現地のファンの熱い歓迎を受け、空港を出ていくBLACKPINKの後ろ姿を盛り込んだ映像を投稿し、BLACKPINKに対する関心を引き立てたことがあります。

YANG HYUN SUKさん(@fromyg)がシェアした投稿 -

これによりBLACKPINKはYGエンターテイメントの2018年4番バッターとして登場すると予想され、世間の関心を集めました。YGエンターテイメントは今年好記録を連発!iKONの「사랑을 했다 (LOVE SCENARIO) 」から、BIGBANGの「꽃 길(花道) 」、WINNERの「EVERYDAY」まで音源チャート1位を連発し、最高の走り出しをみせています。この3曲は発表から数ヶ月が経過した今現在もチャートの上位圏を占めていて、2017年の6月に発表されたBLACKPINKの「마지막처럼 (AS IF IT'S YOUR LAST)」まで、チャートに名前を上げるロングランを誇示中です。 ここにBLACKPINKが新曲を発表したら上昇している勢いを受け継いで途方もない音源パワーを発揮するとみられています。

誰をも魅了するBLACKPINKの世界観・映像美

特にBLACKPINKはアルバムの活動をしていない期間にも粘り強く驚くべき記録を立てて熱い人気を立証しました。BLACKPINKは2018年4月「붐바야 (BOOMBAYAH) 」のミュージックビデオがデビュー曲以降初めてYouTubeアクセス回数3億ビューを突破。

YANG HYUN SUKさん(@fromyg)がシェアした投稿 -

デビュー曲としてこのような高い再生回数を記録したK-POPの曲は唯一BLACKPINKの「붐바야 (BOOMBAYAH) 」だけというのも注目すべき点です。

BLACKPINKは、デビュー以降発表した5曲のミュージックビデオ「휘파람(WHISTLE)」、「붐바야 (BOOMBAYAH) 」「불장난(PLAYING WITH FIRE」、「마지막처럼 (AS IF IT'S YOUR LAST)」、「STAY」の全てが億台の再生回数を記録中。その中で「마지막처럼 (AS IF IT'S YOUR LAST)」は3億回突破が目前の状態です。

再生回数で驚くのはミュージックビデオだけではありません。動画共有サイトYouTubeなどを通じて公開されたBLACKPINK初の単独リアリティー番組「BLACKPINK HOUSE」のアクセス数は、第1話が公開5日目で1000万回を突破。放送終了後も高い人気を保持し、8000万回以上の記録を更新中です。

このように超高速で韓国国内だけでなく、世界中のファンに強烈な存在感を刻印させたBLACKPINK。彼女達は今回のカムバックでもう一度歌謡界を揺るがす予定です。 果たしてBLACKPINKがどのような新曲で帰ってくるのか、またどのような記録を立てるのか早くも期待が集まっています。

The following two tabs change content below.

笠見 りり

フリーライター / 広告代理店企画営業職を経て、フリーライターへ。 日本と韓国を頻繁に行き来しています。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す