PENTAGON、(G)I-DLE …CUBEエンターテイメント第2全盛期始まる

韓国の芸能事務所CUBEエンターテイメントの第2の全盛期が始まっています。CUBEエンターテイメントは男性グループBEASTや女性グループの4Minuteを発掘してデビューさせ第1の全盛期を迎えました。

第1全盛期を支えたBEAST・4Minute

当時BEASTはボーイズグループであるにも関わらず性別を選ぶことなく愛される音楽を作ることで有名で、4Minuteも音源パワーでグローバル的な力量を誇示し大勢いるガールズグループの中でトップに立ったことがあります。BEASTと4Minuteはデビュー以降年末の授賞式の常連となり、各種類のトロフィーを受賞。BEASTはヒット曲「FICTION」を生み出し、2011年に行われた「KBS歌謡大祝祭」で大賞となる[ことしの歌]賞に輝き、 同年の「メロンミュージックアワード」でも[ことしのアーティスト]賞を受賞しました。

'大器晩成型' 底力を見せたBTOB

BEASTと4Minuteがそれぞれの道を選択した後は男性グループBTOBの活躍が主体に。デビュー初期には大きな関心を受けることができなかったBTOBですが、デビューから3年が経過した際、「뛰뛰빵빵 (Beep Beep) 」で注目を浴び、以降「괜찮아요(It's Okay)」、「집으로 가는 길(Way Back Home)」、「그리워하다(Missing You) 」などで音源チャート上位圏ランクインを定着させ、'大器晩成型'グループの底力を見せました。

勢いにのったCUBEエンターテイメントは多国籍のガールズグループCLCをデビューさせ、4Minuteを継ぐグループとしてローンチ。2018年2月に発表した「BLACK DRESS」から徐々に反応を集めています。

引き続きPENTAGONと(G)I-DLEの活動がスタート。2016年10月にデビューしたPENTAGONはデビュー3年を迎えましたが、大衆にインパクトを与えるに値するヒット曲を生み出すことはできていませんでした。しかし2018年4月に先月発表した新曲「빛나리(Shine)」でチャート逆走という快挙を達成し、多くの関心を受けています。

チャート逆走で注目を浴びるPENTAGON

“自主制作ドル”であるPENTAGONは歌やパフォーマンスなど自分達で企画しています。「빛나리(Shine)」はPENTAGONの明るくて爽やかな雰囲気がぴったりと合致し、新しいファン層を育むことに成功しました。デビュー以来最高の成績をおさめるようになったこと。チャート逆走と共にPENTAGONのパフォーマンスも多くの注目を受け、今後の歩みに対しても注目されています。

ガールクラッシュ 人気爆発 (G)I-DLE

そうかと思うと2018年5月2日にデビューアルバムを発表した(G)I-DLEはデビュー曲「LATATA」をチャートインさせて大きな話題を集めました。 Mnetの「プロデュース101」や「UNPRETTY RAP STAR 3」に出演して話題を集めたチョン・ソヨンが作詞・作曲・編曲に参加。舞台上で(G)I-DLEのメンバー達の'無表情カリスマ'が大衆の視線を集め、大活躍しています。 ミュージックビデオは公開一週間で590万ビューを突破。曲自体がリスナーの口コミに乗って好評価を得ました。またiTunesのK−POPチャートでアメリカ、イギリス、フランス、オーストラリア、トルコ、シンガポールなど全世界11地域の1位に上がるなどグローバル的な関心も一緒に受けてます。

PENTAGONと(G)I-DLEの活躍はもちろん、「プロデュース101 シーズン2」に出演して最終メンバーに選ばれたライ・グァンリンと、惜しくも最終メンバーには選ばれなかったものの高い人気を博したユ・ソンホまでCUBEエンターテイメントに属していて、これから先の明るい未来も見込まれています。

このような第2の全盛期を迎えたCUBEエンターテイメントは2018年6月にファミリーコンサートを開催。ヒョナからBTOB、CLC、PENTAGON、ユ・ソンホ、(G)I-DLEまで。第2全盛期を迎えたCUBEエンターテイメントの所属アーティスト達の舞台に、大いなる関心が傾いています。

The following two tabs change content below.

HAPPY

フリーライター / 広告代理店企画営業職を経て、フリーライターへ。 日本と韓国を頻繁に行き来しています。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す