東方神起が語る、後輩 EXO−CBX & NCT との関係性

ゴールデンウィークの真っ只中、5月5日と6日の2日間、韓国の蚕室総合運動場内補助競技場で東方神起の単独コンサート[TVXQ!CONCERT -CIRCLE- #welcome]が開催されました。東方神起が韓国でコンサートを開くのは約2年11ヶ月ぶり。2日間で2万2000人の動員を記録しました。東方神起は今回のコンサートを通じて正規8集「New Chapter #1: The Chance of Love」のタイトル曲や収録曲以外にもデビュー後の15年間に発表したたくさんのヒット曲と、日本で発売したアルバムの収録曲の韓国語バージョンまで多彩な舞台を披露。東方神起からのプレゼントに会場は大興奮の渦に包まれました。

自分達を助けてくれたEXO−CBXへの感謝

以前東方神起は活動期間がかぶっていた所属事務所の後輩EXO−CBXのファンのためにケータリングカーを贈ったことがあります。オンラインで話題になったこのエピソードについてチャンミンは、“EXO−CBXは僕たちと一緒にボーリング対決の放送ができるスケジュールではなかった。それなのにライブ放送をするという企画を聞いてとても忙しいのにも関わらずスケジュールを修正して快く対応してくれた。僕たちも一緒にひょん(お兄さん)をお手伝いしたり助けたりしたいと話してくれて感謝した。”と打ち明けました。

SM Entertainment Groupさん(@smtown)がシェアした投稿 -

また、“その感謝をどうやってお返ししたら良いか考えて、明け方に事前収録が行われる為寒い中待っているファンの方たちの姿を見て、そのファンの方々にお返しすることもEXO−CBXをサポートする一つの方法ではないかと思った。”と、自分たちのカムバックを誠心誠意助けてくれたEXO−CBXに対して感謝の気持ちから彼らのファンに報いることになった事情を明かしたのです。また、この件についてユノは、“EXO−CBXと対決したボーリングはとても面白かった。感謝の気持ちでいっぱいで、ファンの方も楽しく観てくれたようで良かった。”と付け加えました。

SM Entertainment Groupさん(@smtown)がシェアした投稿 -

後輩NCTと築いている良い関係

普段後輩に暖かく接し、多様な助言を与えているユノですが、“昨日も応援しに来てくれたNCTと話しをした。いつも色々とアドバイスをする立場だったので、後輩に公演を見せることができて更に震えると言った。彼らがとても有り難かったのが、本気で見て楽しんでくれていたことだ。この部分が良かったと素直に話してくれて、このような関係が先輩と後輩の真の良い関係なのではないだろうかという気がした。”と、後輩のNCTに対する格別な愛情も現わしました。コンサートの初日である5日にはBoAとドラマ「メロホリック」のチームなども参加。東方神起に向けてエネルギーを送りました。

NCT Official Instagramさん(@nct)がシェアした投稿 -

大先輩からのお祝いに感極まる

コンサートでは大先輩チョー・ヨンピルからお祝いを受けた東方神起。これに対しユノは、”大先輩が後輩を大事に思い送ってくださったのが何よりも心強かった。昨日の公演時もこれに多くの意味が込められているんだと思った。僕たちも僕たちができることをしながら、チョー・ヨンピル先輩のように長く良い感情を共有できる歌手にならなければいけないと感じた。”と覚悟と感謝の気持ちを伝えました。

また、チャンミンも“花を受け取りながら、とても震えて感無量だった。”と、光栄に思う気持ちを明かし、“神の呼吸、発声、全てが僕たちにとって勉強になることばかりで、お伺いして挨拶させていただきたかった。”と付け加えました。

東方神起は今回の韓国コンサートを終え、日本公演に突入。日産スタジアムで史上初の6月8日から10日までの計3日間「東方神起LIVE TOUR〜Begin Again〜Special Edition in NISSAN STADIUM」を開催します。

The following two tabs change content below.

HAPPY

フリーライター / 広告代理店企画営業職を経て、フリーライターへ。 日本と韓国を頻繁に行き来しています。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す