カムバック間近のTEENTOPが解決すべき課題とは?

2010年7月にアルバム「Come Into The World」で華々しく歌謡界にデビュー。デビュー当時平均年齢16.3歳という最年少ボーイズグループとして注目を集めたTEENTOPも今年でデビュー8周年を迎えます。メンバー、L.JOの脱退などファンの心を揺るがす事件を経験したTEENTOP。約1年間の空白期間を経て歌謡界にカムバックを果たすTEENTOPが野心満々と準備したニューアルバムで全盛期時代の人気と影響力を発揮することができるか関心が集められています。

창현 유さん(@ricky_teentop_)がシェアした投稿 -

デビューからの輝かしい歴史

TEENTOPは2010年7月9日にミニアルバム「Come Into The World」でデビュー。活動曲の「拍手」はデビューとは思えない完成されたパフォーマンスで話題に。また、2010年はアイドルが大勢デビューを飾った年でもあり、同期にはGirl's DayやINFINITE、CNBLUEなどが挙げられます。 デビューから8年。多くのヒット曲を世に生み出してきたTEENTOP。デビュー曲の「拍手」を皮切りに、「Crazy」、「To You」、「長い髪の彼女」、「Rocking」など、全てがキャッチーですぐに思い出すことができる曲ばかり。しかし、これはデビュー直後数年の話であり、世間では一時期上手くいったアイドル、などという言われた方もしています。

お姉さんファンの愛を独り占めした全盛期

デビュー当時TEENTOPの平均年齢は16.3歳でした。 ルックスは儚い美少年でしたが、ギャップのある強烈なパフォーマンスで、“赤ちゃん獣ドル”というあだ名が付いたのです。また、それだけでなく20代のお姉さんファンの罪悪感を呼び起こすという意味で“手錠ドル”などと呼ばれることもありました。引き続き、「No more perfume on you」や、「Be ma girl」などの活動を通じて多くのお姉さんファンの心をキャッチ。このようにTEENTOPはお姉さんファンの絶対的な愛を独り占めして“国民年下ドル”と呼ばれる全盛期を過ごしました。

圧倒的パフォーマンス力

またTEENTOPはステージの上ですばしっこく動き回り迫力のあるダンスを披露することで、“ジャッカルドル”や、“群舞ドル”(切れの良いダンスのこと)という呼び名で注目を浴びたことがあります。特に毎活動ごとに“TEENTOPシェイク”や、“フリーステップ”、“2倍速ステップ”など難易度の高い振り付けを披露し、TEENTOPだけが完成することができるダンスでファンの視線を捕らえました。このようにTEENTOPは全てのアルバム活動で振り付けの難易度は構わずにメンバーが揃ったステージを誇り、“群舞ドル”としての地位を確かなものとしていたのです。

年齢を重ねて見えてきた課題

しかし今TEENTOPはお姉さんの心を震わせる年下の男性としても、幼いために罪悪感を抱くような手錠ドルでもありません。 それは、デビュー9年目、“国民年下ドル”のイメージから脱皮して、年齢の若い“先輩”アイドルとなったためです。2017年の4月に発売した正規2集「HIGH FIVE」でTEENTOPは自分たちだけの音楽的特色を確実に見せてくれましたが、以前と同じような話題性を引っ張り出すことはできませんでした。このような問題は単純にTEENTOPだけではなく、別のアイドルグループも迎える問題です。TEENTOPがこの課題をどのように解いて自分たちの音楽を見せてくれるのか。世間は行く末を見守っています。その為、TEENTOPの今回のニューアルバムが期待されているのです。

최종현さん(@t.changjo)がシェアした投稿 -

TEENTOPは5月8日にニューアルバム「SEOUL NIGHT」を発表。本格的にカムバック活動に突入します。 韓国だけでなく、5月22日には香港で単独ファンミーティング「TEEN TOP LIVE SHOW 2018 IN HONGKONG」を開催。ヨーロッパツアー「TEEN TOP 2018 EUROPE」も大成功で幕を閉じたTEENTOPの今後の活動を全世界のファンが見守っています。

The following two tabs change content below.

HAPPY

フリーライター / 広告代理店企画営業職を経て、フリーライターへ。 日本と韓国を頻繁に行き来しています。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

8 件のコメント

  • コメントを残す