防弾少年団、韓国アーティストとして初のNHK『SONGS』に出演。韓国語オリジナル楽曲も披露し話題に

防弾少年団が先日NHK総合『SONGS』に出演しました。韓国アーティストとして初の『SONGS』出演なだけに、ファンからは放送前から注目が集まっていました。

自身の楽曲3曲をフルコーラスで披露

防弾少年団は『SONGS』にて自身の楽曲『DNA』『Not Today』の日本語バージョン、そして『MIC Drop』の韓国語バージョンを披露、更にフルコーラスでの披露ということで、30分間の放送である中かなり豪華なパフォーマンスを見せてくれた防弾少年団ですが「日本語の楽曲もいいけど、やっぱり韓国語でも聴きたい…」というファンにとってはかなり評判がいいようです。

約100の国と地域で放送されることになった『SONGS』

そして今回放送された『SONGS』はなんと約100の国と地域で放送されることが決定したとのことです。アジア・太平洋・中南米地域は日本と同時刻にすでに放送されましたが、その後北米・欧州・中東・ロシア・北アフリカでも放送が控えており、今や世界的にも通用した防弾少年団の人気ぶりがうかがえますね。

韓国のネット上での意見(共感が多い順に)

Naverより(+が共感、-が非共感)

・日本で韓国語のステージだなんて、防弾少年団本当すごい[+96 -1]

・防弾少年団はもはや国宝レベル[+72 -1]

・韓国語のステージもあっていいね[+67 -1]

・韓国のアイドルっていうのが自慢[+61 -1]

・放送が見られるだなんて、防弾少年団会いたい[+59 -1]

・日本のテレビで韓国語で歌うなんて嬉しいな[+48 -0]

・『MIC Drop』は歌詞が韓国色強いからね…[+42 -0]

・日本語バージョンのアルバム予約しちゃった[+42 -1]

・日本語で韓国語の楽曲を歌うのってすごいことだよね[+42 -1]

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

1 個のコメント

  • コメントを残す