Wonder Girls それぞれが歩む人生の第2幕

大ヒットとなったTWICEの「TT」やRed Velvet の「빨간 맛(Red Flavor)」、BLACKPINKの「마지막처럼(AS IF IT'S YOUR LAST)」。中毒性のあるリフレーンと真似しやすいポイントごとの振り付けはガールズグループのヒット曲の成功の秘訣だと言われています。そんな成功の秘訣といえる楽曲を多数発表しているガールズグループといえば、どのグループが頭に浮かぶでしょうか。

Wonder Girlsが2007〜2008年に発表した「Tell me」、「So hot」、「No body」は、ガールズグループ成功の秘訣を決定付ける確かな基盤となった楽曲です。3曲が立て続けにヒットしたWonder Girlsは、自他共に認める伝説的なガールズグループとなりました。そんなWonder Girlsが2017年にデビュー10年を経て解散。ソンミ、イェウン、ユビン、ヘリムの4人のメンバーが、解散後一体どんな道を歩んでいるのか、まとめてみました。

「カシナ」のヒットで一躍時の人となったソンミ

Wonder Girlsの解散後、一番最初にステージに戻ったのはソンミでした。所属していたJYPエンターテイメントから離れて移籍した先はMAKEUSエンターテインメント。MAKEUSエンターテインメントは、パク・ウォンやUrban Zakapaなどが所属している事務所で、パフォーマンス重視のアイドルグループを育ててきたJYPエンターテイメントとは異なる点が多いと当時話題となりました。それでもソンミは自らMAKEUSエンターテインメントを選択。移籍を決心した理由についてソンミは「10年間JYPエンターテイメントにいたので会社を離れるのは難しいことだったが、私の視野が限定されてしまっているのではないかと感じた。“井の中の蛙”だったのではないかと思ったからだ。別の音楽にも挑戦してみたかった。」と説明しています。移籍後に発表した「가시나(Gashina)」が大ヒット。各音楽番組で1位を獲得し、振り付けが流行となるなど、ソロ歌手としての地位を固めています。

揺るがない自分だけのカラー イェウンのHA:TFELTとしての活動

ソンミの後に続いて舞台に上がったのは、HA:TFELTとして活動するイェウンでした。イェウンはWonder Girls時代にも、ソロアルバムではHA:TFELTと呼ばれる芸名で活動。彼女はHA:TFELTとしてWonder Girlsとはまた違った音楽の世界を広げています。Wonder Girls解散後、Dynamic Duoが所属するアメーバカルチャーに移籍。2017年10月に新しい所属事務所アメーバカルチャーでアルバム「MEiNE」を発表。イェウンはこのアルバムで直接作詞作曲をした曲「나란 책 (Read Me)」を披露。自分のストーリーを盛り込んだイェウンの新しい出発は、《アイドルだったなんて信じられない程の驚くべきレベル》《歴代級アーティスト》《素晴らしいミュージシャンなのに過少評価されている》といった肯定的な反応を得ました。揺るがない自分を持ったアーティストHA:TFELTは輝く女性達の憧れとなっています。

ガールクラッシュ代表 ユビン

一方、ユビンとヘリムはJYPエンターテイメントと再契約をしました。 韓国にヒップホップブームを起こしたMnetの人気番組「UNPRETTY RAPSTAR2」に出演し、激しい対決を繰り広げたユビン。放送終了後に彼女は"Girl Crush"(女性が女性に夢中になる)現象を巻き起こします。自由奔放な姿勢と隠すことのできない優しさを持ち合わせたユビン。そんな彼女に多くの女性が惹かれ、彼女のメイクや髪型は韓国で人気を博しました。 最近ではMnetの「君の声が見える 5」にJYPエンターテイメント所属のアーティスト達と一緒に出演。現在ソロカムバックを控えて準備中だと近況を明かしました。

学生生活を謳歌しているへリム

2010年にWonder Girlsの新しいメンバーとして合流したヘリム。英語、韓国語、中国語、広東語を駆使する韓国生まれ香港育ちのへリムは、2017年に韓国外国語大学校の英語通訳翻訳科に入学して大学生活を謳歌しています。2017年には所属事務所の後輩TWICEが発表したアルバム「TWICETAGRAM」に楽曲提供。へリムが作詞作曲を手がけた「날 바라바라봐(私を見つめて)」は、弾むような歌詞とメロディーで、他のアーティストへの楽曲提供が初めてとは思えない出来栄えに、賞賛を受けました。自身のインスタグラムを通じて常にファンへ向けて近況を知らせすへリム。誠実に学校生活に取り組んでいることを明らかにしています。

우혜림さん(@wg_lim)がシェアした投稿 -

このように、各自新しい生活のスタートを切ったWonder Girlsのメンバー達。それでもひとつ変わらないのは、4人の友情です。4人はお互いの新たなスタートを応援して励ますなど、まだ親しい関係であることを常に発信しています。グループ名のように、様々なヒット曲で歌謡界を席巻した主役たち。彼女たちの今後の未来が期待されています。

The following two tabs change content below.

笠見 りり

フリーライター / 広告代理店企画営業職を経て、フリーライターへ。 日本と韓国を頻繁に行き来しています。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

1 個のコメント

  • コメントを残す