EXOからWanna Oneまで、コスメブランドのモデルを務める男性アイドルグループまとめ

明洞のメインストリートに立ち並ぶコスメブランドの店舗の数々。右を見ても左を見てもコスメブランドの大きな看板が目に入ります。コスメショップというと、女性モデルが商品を手にしてニッコリと微笑む広告のイメージがありますが、ここ最近、明らかにコスメブランドのモデルに男性アイドルを起用するケースが増えてきたように思います。

化粧品なので消費者は女性。大きなファンダムを抱えた男性アイドルをモデルに起用することで、一気に女性ファンを捉えることが可能になります。メリットはそれだけではありません。広告モデルの写真がプリントされた商品も次々と発売されています。一人ずつの顔がプリントされている商品であれば、メンバーの数だけ商品を購入する必要があり、買い手の財布は自然と緩くなってしまいますよね。そこで男性アイドルが広告塔を務めるコスメブランドをまとめてみました。お買い物の参考になれば幸いです。

NATURE REPUBLIC / EXO

地下鉄明洞駅を出てすぐ左手に見える緑色の建物が印象的なNATURE REPUBLIC。韓国自然派コスメの先駆けと言われているブランドで、アルプスの氷河水や海洋深層水といったコスメのベースとなる水に重点を置いています。スキンケア、メイクアップ、ボディ&ヘア、と種類も豊富。特にスキンケア商品に定評があり、幅広い世代から支持を集めています。

そんなNATURE REPUBLICの広告塔は韓国を代表する人気アイドルグループEXO。メンバーの写真がプリントされた商品はもちろん、イラストがプリントされた商品までズラリとラインナップ。購入特典としてミニ写真集やカレンダーが付くこともあり、店内はまるでEXOのグッズ売り場かのような賑わいです。EXOの清潔感溢れるルックスはNATURE REPUBLICのイメージにピッタリですね。

VT cosmetics / BTS (防弾少年団)

VT cosmeticsは特にベースメイク商品に定評がある人気のブランドです。肌に優しい自然由来の成分を配合した機能性の高い商品が、 国内外問わず多くの女性から支持を集め、日本の通販サイトでも話題になりました。特に「エッセンススキンファンデーションパクト」と「リアルコラーゲンパクト」が人気です。

VT cosmeticsの顔はグローバルグループBTS (防弾少年団)。コラボ商品として、コラーゲンパクトのホワイトとブラックの2種類を展開。メンバーの写真が入ったスペシャルボックスに、メンバーのメッセージ入りのパフ×3個、メンバーの手書きイラスト入りのシール、そしてVT cosmeticsだけの限定ポスター、と、とにかくBTS (防弾少年団)尽くしのセットとなっています。

TONYMOLY / BTOB

美しい魔法の森という意味のTONYMOLY。果物・野菜・韓方などの天然成分を配合した低刺激コスメが特徴です。2006年に釜山にオープンした1号点が評判となり、 翌年明洞に進出。 流通コストを最小限に抑えたことで実現したというリーズナブルな商品展開も特徴で、ティントなど若い女性を中心に根強い人気があります。

TONYMOLYの新しい顔として3月に抜擢されたのは、バラエティにドラマに大活躍の7人組グループBTOB。健康的で快活なイメージが製品とよくマッチしているため、というのが抜擢理由。就任したばかりの彼らですが、既に購入者対象のブロマイド贈呈イベントが進行しており、新たな相乗効果に期待が集まっています。

THE FACE SHOP / GOT7

韓国ショップコスメ市場最多の世界21ヶ国に専門店を展開する、THE FACE SHOP。日本でも多くの店舗が展開されていますので、通販が苦手な方でも店舗で商品を購入することが一番簡単なブランドではないでしょうか。天然コラーゲン複合体を配合したスキンケア商品「フレボーテ コラジェニック」が幅広い世代から人気を集めています。

そんなお馴染みブランドの世界イメージキャラクターに就任したのは元気いっぱいな爽やかグループGOT7。香港やタイといった多国籍なメンバーで結成されているので、世界イメージキャラクターという肩書きはまさに適任。今後サイン会等、韓国以外の場所へも足を運ぶことになるのではないかと世界中のファンが期待を寄せています。

the SAEM / SEVENTEEN

50年続いている老舗化粧品メーカー、韓国化粧品が手がけているthe SAEM。老舗ならではの経験や高い研究力で多数のヒット商品を世に送り出しています。特に人気がある商品はコンシーラー。低価格にも関わらずニキビもくすみもしわも全てを覆ってくれるカバー力は、幅広い世代から支持を集めています。

the SAEMのグローバルエコスターは、日本デビューも控えている13人グループのSEVENTEEN。グローバルエコブランドのアイデンティティだけでなく、アーバンエコシリーズなど様々な製品でモデルとして活動しています。メンバーの顔がプリントされたハンドクリームを展開していますが、13人組だけあって全13種類を揃えるのは大変。ファンの購買意欲を掻き立てる戦略で相乗効果が期待されます。

innisfree / Wanna One

韓国済州島で採取した自然の恵みを使用した化粧品ブランドinnisfree。生動感ある美しさと自然の均衡を保存するエコグリーンライフを実践している自然派コスメブランドの代表格で、ナチュラル志向の女性たちから支持されています。日本では表参道や竹下通りに店舗を構えています。

innisfreeの広告塔を務めているのは爆発的ルーキーWanna One。個人でもブランド評判指数上位に名を連ねる彼らなので、メンバー11人全員が揃うとそれはまさに圧巻です。「プロデュース101 シーズン2」の放送終了後すぐに火山ソンイパックの広告モデルに就任すると、発売初日の早朝から各路面店の前に行列ができる大ヒット商品となり、最大規模の売り上げを記録しました。その結果ブランド全体の広告モデルとして再契約をしたという経緯があります。

「ETUDE HOUSE」のRed Velvetや「CLIO」のクリスタル、「MISSHA」のナナのように新モデルとして女性アイドルを選択している企業もあります。そんな中、男性アイドルを起用したブランドの業績がどう変わっていくのか。新商品のチェックと共に、各ブランドの広告巡りも楽しみです。

The following two tabs change content below.

笠見 りり

フリーライター / 広告代理店企画営業職を経て、フリーライターへ。 日本と韓国を頻繁に行き来しています。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す