歴代級の販売成績を記録。MONSTA Xの勢いが止まらない!

7人組男性アイドルグループMONSTA X。3月26日に発売した6枚目のミニアルバム「THE CONNECT : DEJAVU」が[ビルボード ワールド アルバム チャート]の2位にランクイン。アメリカでの歴代最高販売成績を記録しました。これに対し、アメリカの有名媒体のビルボードは“最近「THE CONNECT : DEJAVU」でアメリカで歴代級の販売成績をおさめたMONSTA X” (Monsta X Earn Best U.S. Sales Week Ever With'The Connect: Dejavu')というタイトルで記事を掲載。MONSTA Xの派手なアルバム成績を大々的に報じました。

ビルボードによると、MONSTA Xは3月29日にミニアルバム「THE CONNECT : DEJAVU」で[ビルボード ワールド アルバム チャート]の2位を記録したことに加え、[ヒートシーカーズ・アルバム チャート]でも8位にランクインするという快挙を成し遂げました。この成績はMONSTA Xにとってアメリカ最大販売量を記録したので、更に意味深いものとなっています。

また、強い衝撃を与えたタイトル曲の「Jealousy」は[ビルボード ワールド デジタルソング セールス チャート]で4位を記録。“グローバルテセドル”としての底力をみせました。以前にもMONSTA Xは2017年の3月に発売した「Beautiful」と6月に発売した「SHINE FOREVER」で同チャートのTOP5にランクインした経験があるため、今回の成績により3連続でTOP5入りという大記録を達成したことになります。この他にもMONSTA Xは、[ビルボード ソーシャル 50チャート]で4位を記録。熱い人気を立証しました。

MONSTA Xがアメリカで通用した理由

ビルボードはMONSTA Xの成績について、“K-POPグループの活躍が以前よりも相対的に不振な中、MONSTA Xはこのような記録を示すのに十分満たしていた。MONSTA Xはアメリカのファンをよく観察し、視線を捕らえている。”と賞賛。加えてビルボードは、“MONSTA Xは2015年のデビューの後3ヶ月もしない内にK-Con LAでパフォーマンスを披露し、当時観客達の熱い歓声を引き出した。”とMONSTA Xのアメリカ活動に関しても肯定的に評価しました。また、ビルボードはMONSTA Xのワールドツアーにも言及。“2017年の7月にMONSTA Xはワールドツアーの一環で6州コンサートを開催し、2018年にまた7回のツアー日程を約束した。”と迫っているアメリカツアーに対する期待感を仄めかしました。MONSTA Xはアメリカだけでなく、世界各地から高い関心を得ている状態です。

世界規模の戦略でグローバルアイドルへ

3月26日に発売したアルバムとタイトル曲の「Jealousy」はアメリカ、スペイン、シンガポール、ブラジル、ロシア、オランダ、マレーシア、インドネシア、日本など海外有数のマスコミに相次いで紹介され、スポットライトを浴びました。該当の媒体はMONSTA Xの多様な活動に言及し、グローバルテセドルとして成長していくMONSTA Xの人気を紹介したのです。

また、MONSTA Xはカムバック直後にTwitterの[全世界 リアルタイム トレンドチャート]で1位を記録。新アルバム「THE CONNECT : DEJAVU」でワールドワイドの[iTunes アルバムチャート]1位 、[iTunes K-POP アルバムチャート]25ヶ国で1位、[ハント チャート]1位、[日本 タワーレコード デイリー チャート]1位などを記録して、グローバルテセドルとしての人気を証明しました。

タイトル曲「Jealousy」で連日歌番組に出演しているMONSTA Xですが、活動域はそれだけではおさまりません。2018 C-フェスティバルの広報大使に任命。5月2日に開催される開幕式の現場公演にも参加し、多様な広報活動を繰り広げる見込みとされています。

ワールドツアーも控えているMONSTA X。今後の楽曲とパフォーマンスは韓国だけでなく世界中で注目されるでしょう。彼らがグローバルテセドルとしてどう成長していくのか、これからも目が離せません。

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す