24時間じゃ足りない東方神起チャンミンのリア充なライフスタイルって?

先日、バラエティー番組『私は一人で暮らす』(나 혼자 산다)に東方神起が出演しました。現在はお互い別々に暮らしている東方神起ですが、特にチャンミンのまるで24時間じゃ足りないストイックな生活が凄いと話題になっていましたので紹介します。

チャンミンが一人暮らしを始めた理由は?

東方神起として宿舎生活を15年していたチャンミン。一人暮らしを始めた理由について「宿舎にいれば退屈さも感じられなかったしそれも良かったけど、仕事が終わったら休みたいのに、ユンホが朝から歌い始めたり友達を呼んだりしてうるさかった」と明かし、笑いを誘っています。

料理上手のチャンミン

6年前に一人暮らしを始めたチャンミン。現在は料理も自分でしているということですが、その理由について「宿舎で生活していた時は出前やインスタント食品ばかり食べていたけれど、長生きしたいと思って自分で作るようになった」と、現在は週に2~3回は自炊をしているようです。その料理の実力ですが、起床してすぐにお手製ジュース、チゲを慣れた手つきで作っています。特に料理の際に残った豆腐の保管方法なども番組MCに伝授するなど、すっかり料理に対する知識は豊富な模様。

また、3~4ヶ月前から料理教室に通い始めたというチャンミンは、チムタク(鶏の甘辛煮)のような、使う材料も多く手の込んだ料理はまだまだ悪戦苦闘ならしく、他の生徒さんよりも遅れを取っているようです。それでも無事に作り終えたチャンミンは一安心し、料理の完成までは時間がかかったものの、その後はそそくさと帰宅する姿に番組MCからは「面白い」との声が。

ギター練習&筋トレ&日本語の練習まで…

自宅で横になっていると、チャンミンの元に来客が。ギタリストがチャンミンの自宅に訪問し、ギター教室を始めました。ギターの練習が終わったかと思いきや、再びチャンミンの元に来客。筋トレをするためにトレーナーがやって来て、ホームトレーニングを始めるというなんともストイックなライフスタイルを披露しています。東方神起のカムバックのたびに鍛え上げられた肉体美が印象的なチャンミンですが、このような日頃のトレーニングで培っているようですね。

見る限りでもかなりハードに見える筋トレを終えた後、シャワーを浴びて就寝…ではなく、ドラマなどを参考に日本語の勉強をスタート。東方神起は以前に日本での活動のため日本に住んでいた経験もあり、今や日本語の実力はネイティブレベルですが、それでも知らない単語や、忘れてしまう単語もあるようで、そのたびにひたすら復習に励むそうです。このように自主的に勉強をしているチャンミンに感嘆する声が多いです。

ユンホの対照的なライフスタイル

一方、ユンホ(ユノ)のライフスタイルは、チャンミンとはまた違うストイックさを見せており、起床後すぐに自身の楽曲のMVを見ながらダンスの練習をすることから一日が始まるようです。その目的は体をほぐすためと、ダンスに対するプライドが高いためだそうです。

今や世界的にも知らない人はいない、と断言できる東方神起の存在ですが、忙しいスケジュールの中でも時間が空けば各自やるべきことをやる、そんなストイックさに「見習いたい」というファンが多いですね。

韓国のネット上での意見(共感が多い順に)

Naverより(+が共感、-が非共感)

・お互い違う魅力がありながらもよく合っている2人、チャンミン本人が言うには、そんなに情熱的ではないらしいけど、本人も気づいていないくらい情熱的なライフスタイルを送っていると思う(笑)[+60 -2]

・2人とも純粋なんだろうね(笑)[+54 -1]

・2人とも本当に魅力ある[+49 -2]

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント