韓国3大芸能事務所 SM・JYP・YG 職員達の年棒比較が話題に

韓国の大手3大芸能事務所というと、SMエンターテイメント・JYPエンターテイメント・YGエンターテイメントが挙げられます。それぞれ有名なアーティストが属しているこの3社ですが、働いている職員の人達は果たしてどれだけの年棒を受けているのか気になるところ。金融監督院電子公示システムが4月2日に昨年の正規職員基準で比べた職員年俸を公開。その結果は韓国オンライン上で大きな話題を呼んでいます。3社の特徴と共に、各社の年棒をまとめてみたいと思います。

SMエンターテイメント

設立:1995年2月
創業者:イ・スマン
従業員数:321人(2015年12月)
所属(歌手):東方神起、Super Junior、少女時代、EXO、Red Velvetなど
所属(俳優):イ・ヨニ、オ・ヨンス、ユン・ダフンなど

男性職員 平均給与額:4,060万8000ウォン(約406万円)
女性職員 平均給与額:3,368万 4000ウォン(約337万円)

JYPエンターテイメント

設立:1996年4月
創業者:パク・ジニョン
従業員数:109人(2015年12月)
所属(歌手):2PM、GOT7、DAY6、TWICE、Stray Kidsなど
所属(俳優):キム・イェウォン 、キム・ジョンムン、カン・ユンジェなど

男性職員 平均給与額:3,950万1000ウォン(約395万円)
女性職員 平均給与額:3,654万5000ウォン(約366万円)

YGエンターテイメント

設立:1996年3月
創業者:ヤン・ヒョンソク
従業員数:241人(2015年12月)
所属(歌手):BIGBANG、WINNER、楽童ミュージシャン、iKON 、BLACKPINKなど
所属(俳優):カン・ドンウォン、イ・スヒョク、イ・ソンギョンなど

男性職員 平均給与額:3,900万ウォン(約390万円)
女性職員 平均給与額:3,000万ウォン(約300万円)

Lee seung riさん(@seungriseyo)がシェアした投稿 -

 

結果、年俸が一番高い会社はSMエンターテイメントだと分かりました。一方、JYPエンターテイメントは3社の中で一番男女の平均給与差が少ないことで目を引いています。

所属アーティストにも大きな違いがある3社。SMエンターテイメントは2018年Red VelvetとNCTが共に日本デビューを果たします。JYPエンターテイメントはMnetのサバイバル番組から選抜されたStray Kidsがデビュー。また2PMはウヨンやチャンソンなど各メンバーのソロ活動が目立ち、日本活動に力を入れていることがうかがえます。YGエンターテイメントはWINNERとiKONの音源好成績に加え新しいガールズグループの準備中との噂もあります。これによってどのような変化がみられるのか…。来年も大きな注目を集めることが予想されます。

韓国のネット上での意見

instizより

・男女の年俸の差はどうしてあるんでしょうか、、、
・部署によっても差は出ると思います
・男女の年俸の差は違う職種でもありますよね?
・3大事務所でこの数字なら他はもっと低いのですか

最新記事はこちらでチェック!

ツイッターで最新記事を配信中!

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)